土木・建築工事用コンプレッサーでエアブラシ塗装

5年ぶりくらいにプラモ熱が再燃して、それまでは塗装も筆塗りが基本で、エアブラシを使うにしてもエア缶を使用して数回やったことがある程度だったけれど、ちょっと本格的なエアブラシ製作環境を整えてみたくなった。
既に自宅には業務用の常圧コンプレッサーがあるのでこれを活用することにした。

IMG_20140601_174902.jpg

多くの工事用コンプレッサーはカプラ接続なので、そこからハンドピースまではジョイントを挟んだりして接続ネジ径を変えてやる必要がある。
模型塗装用ハンドピースの多くはエアホースと1/8インチ、もしくはPS径のネジで接続する。
私が手元に持っているハンドピースのプロコンBOY WAプラチナ Ver.2は1/8インチネジで接続する必要があるので、いっそジョイントと合わせてハンドピース自体をワンタッチカプラで接続できるようにした。
このジョイントと一緒にドレン付きレギュレーターも通販で買ったのだけれど、存外に大きくて頼りがいがあるというか邪魔というか。

IMG_20140601_174957.jpg

エアホースも手元にあったカプラ付きのものを流用しているので、事実上今回の構成にあたって購入したのはジョイントとレギュレーターくらいなもので安く抑えられた。
業務用のコンプレッサーなので動作音こそ大きいものの、隣室やベランダにコンプレッサーを置いて長めのホースで手元のレギュレーターまで繋げばさほどうるさくもないし、何より模型用コンプレッサーとは比較にならないエアー吐出量なので、やや強気の濃度で塗料を噴出させても割りと安定的に塗装できる。

難点を上げるとすれば、やはりホースが太いのでハンドピースハンガーに掛けて置くにはちょっと収まりが悪い。
折を見てレギュレーターからハンドピースまでを、細いスパイラルケーブルに取り替えてしまいたいトコロ。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top