Nexus7に導入しているアプリ

旧機からインストールして新型でも使い続けているアプリなどをまとめてみた。

Screeble Screeble
一定時間タッチ操作がなくても、端末の傾きを検知してスクリーンをオンの状態にし続けてくれる。
長めの文章を読むようなWebページを閲覧するときなど、ちょっと時間が経つと勝手にスクリーンオフになるとイライラするものだけど、そのストレスから解放してくれる。
縦横それぞれの傾き具合を個別に設定できるので便利。
ESファイルエクスプローラー ESファイルエクスプローラー
今更改めて紹介する必要もないくらいメジャーなファイルブラウザ。
端末内部のデータだけでなく、FTPサーバやNAS、クラウドストレージまで参照できるのが助かります。
タブブラウザっぽく使えて、例えばNASから端末側にファイルをコピーするときなどの手間が少ない。
また簡易的なメディアプレイヤー機能を備えているので、アレコレ専用アプリを入れたくない場合でもこれ一つでまかなえるのも魅力。
Google認証システム Google認証システム
Googleアカウントの二段階認証に使うためのアプリ。いわゆるワンタイムパスワードを発行してくれる。
これを使った二段階認証を手っ取り早く進めるためには、このアプリをインストールした端末で手続き中に表示されるQRコードを読む必要があったのだけど、旧機にはアウトカメラがなかったので、新型はその点でも使いやすい。
余談ではあるが、スマホでこれを利用していた時、端末が故障したときにショップで端末を交換したら二段階認証に使える端末がなくて、初期設定をしてくれたショップ店員を困らせてしまった。
結果的には自動電話認証を使ってワンタイムパスワードを発行できたのでよかったのだが、それ以来、認証システムアプリをNexus7に導入して、それが使えないときにはスマホのSMSもしくは電話認証を使うようにしている。
ジョルテ ジョルテ
これも言わずと知れたスケジューラ。
Googleカレンダーと連携して使用中。
純粋にアプリケーション単体としてみればそれほどデザインに優れているわけでもないが、ウィジェットが柔軟に使えるのが魅力。
私の場合はひとつのスクリーンに月間カレンダー・ToDo・当日の予定一覧の3つを貼り付けてます。
Nova Launcher Nova Launcher
Android4.0(ICS)以上で動作するホームアプリ。
これまでいくつかのホームアプリを使い試してきたけど、これは挙動がスムーズで軽快、しかも使い勝手も悪くない。
ホーム画面でのジェスチャー機能を備えているため、例えばホームで下にスワイプすると通知バーを出せるとか、上スワイプでアプリドロワーを起動するように設定できる。
細かな設定をする必要がなければ無料版でも必要十分な使い勝手を得ることができるが、有料版(Nova Launcher Prime)を購入することで機能をフルに使うことができる。
有料版を買ってもおよそ$4と手ごろな価格なので、他人にオススメを尋ねられた時にはまずこれを答えている。
Flipboard FlipBoard
ニュース等の最新情報を閲覧するのにお世話になってます。
読みやすく扱いやすいので、ちょっとした時間に最新情報をチェックするのによく使う。
トップニュースを表示するウィジェットが、それこそ雑誌の表紙のように表示されるのも個人的にはGood!
Feedly Feedly
今年、Googleユーザーに大きな喪失となったGoogleReaderのサービス停止。その代替サービスを私自身も探していた。
PCのブラウザから閲覧できて、しかもGoogleReaderに近い使用感であること。
またAndroidアプリが提供されていて必要十分な操作感を備えていること。
この二点を重視していくつかの代替サービスを選んだ結果が、比較的早いうちに公式でGoogleReaderからの移行対応を謳っていたコレ。
重視していた上記2点をしっかり押さえてはいるのだが、欲を言うのなら新着ヘッドラインを確認できるようなウィジェットが欲しかった。
それらしいウィジェット機能は備わっているようなのだけれど、少なくとも私のどの端末でもそれは機能しなかったので確認できていない。
Pocket Pocket

これも実にメジャーな「後で読む」サービスですね。
あえて取り上げた理由としては上記のfeedlyとの親和性が高く、アカウント設定さえしてしまえばfeedlyで後読みしたいポストを長押しするだけでPocketに放り込むことができる。
FlipBoardでも同様に、後で読みたいものは共有ボタンからPocketを選択することで放り込むことができるため、各種アプリケーションやブラウザを横断して情報収集している場合でも、最終的に一元管理できるところが便利。
もちろんPCのブラウザから閲覧できる点も大事なポイント。

Perfect Viewer Perfect Viewer
電子ブックリーダー。主に自炊した電子ブックやPDFでまとめられた資料などを閲覧するのに向いている。
自分の場合、Impressから発刊されているDOS/V Power Reportの電子版(PDF)を購読しているので、それらを放り込んで閲覧している。
あるいは「ZIPでクレ」ってなカンジで調達してきた画像ファイル群など、解凍の必要なしに閲覧できるのも素敵。ヘビーなPDFなどは別として、そこそこのjpgくらいなら挙動も重たくなりにくい。
MX動画プレイヤー MX動画プレイヤー

ハードウェアデコーダ機能を備えたプレイヤー。目立って特徴的なアプリではないが、ちょっとした使い勝手が良い。
例えばタッチパネル右側を上下スワイプで音量調整、あるいは左側を上下スワイプで輝度調整など、動画視聴に没入しているときでも最小限の操作で済むのでストレスになりにくい。

CPU state CPU Stats

通知バー上にCPU稼働率をグラフ表示することができるアプリ。
端末の挙動が重いとき、多くの場合において端末のメモリが足りてないか、あるいはなんらかのプロセスがCPUリソースを占有している事が多いので、それを識別するために導入している。
その限りでなくても、バックグラウンドで動いているプロセスの稼働率などをチェックするのにちょうどイイ。

Navier HUD Navigation Navier HUD Navigation

デジタルというかSF的なインターフェースで表示されるドライブナビ&モニター。
速度や加速度を数値・チャートなどで表示させることができて、ちょっとしたコクピット感覚を味わえる。
何より特徴的なのが、表示を鏡面反転させてフロントガラスに映し込むことでHUDっぽい使い方ができること。快晴の昼間にはちょっと見えにくいけど、夜などではいいカンジに映り込む。
またナビとして使うこともできるが、Googleマップ&ナビには及ばない使用感なので、オマケ程度に考えておいたほうがよい。
実用性がどの程度かはさておいて、アイデアとしては興味深いアプリ。
ただしHUDとして使う場合には輝度最大設定を推奨するため、バッテリー消費は激しくなる。また当然ながら端末はちゃんと固定しておこう。

ちなみに、旧Nexus7から新Nexus7へ移行するとき、設定でGoogleサーバにバックアップを取るようにしているならば、同一のGoogleアカウントでログインした時点で旧機にインストールされていたアプリは自動的に新型に順次インストールされるようになっていた。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top