変わった病気

 突然だが個人的な経験上、夜ほど思考がネガティブなベクトルに向かいやすい気がする。
 そんな状態に陥ったときはそそくさと寝てしまうのが通例だが、なかなか寝付けない時や眠れたとしてもすぐに目がさめてしまう時もあるわけで。

 それはともかく、実は日照とテンションのアップダウンというのは密かに因果関係があるかもしれないそうだ。
 日照時間が短くなる季節にだけ発症する「冬季うつ病」など、特定の季節にのみ精神状態が不安定になる季節性情動障害というものがあるらしい。
 嘘か真か知らないが、人間の代謝も植物などと同じように冬よりは夏に活発に行われやすいという話もあるくらいなので、意外と自然な作用だったりするのかもしれない。

 もっとも、この時期というのはテンションに関係なく寒さが堪えるのでついついこもりがちになってしまうのだが。

 時期的な病気で奇抜なものをいえばバレンタインデー症候群などもその一種だろう。
 「それは病気と呼んでいいのか?」と首をかしげてしまう線でみのもんた症候群なんてものもあるそうで、誰が名付けたのかわからないが、小難しい病名よりもその中身が一見してわかりにくいと思う。

    • しも
    • 2010 01/12 12:16am

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    徹夜のしすぎで,テンション変だよん
    ギリギリギリギリジンジン ギリギリギリジンジンジン
    修論がギリギリだ 本文出来てない 図表もできてない
    英文要旨なんかかけないよ 提出できるかな(今日が締め切りw)

    • 鬼灯
    • 2010 01/12 2:45am

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ちょwwwおまっwww
    先日もコメントがやたら朝早い時間に来たけど、そういうことだったのかw
    ギリジン懐かしくて脳内再生された。
    よりによって卒業に関わる論文の締切日にこんなことしてる場合かw
    英文趣旨は中身の専門用語の多さにもよるけど、大まかな文章はエキサイト翻訳を使うんだ!(ダメ学生

  1. トラックバック 0

return top