境界線

 日本人はやたらと罫線を引きたがるそうだ。
 表形式だと、だいたい表の内側の罫線だけで済むところでも、外枠まで囲ってしまわないと気が済まないというか気持ちが悪いというカンジを覚える人はそう少なくないと思う。

 これと類似する話で、日本人は他に比べると、敷地を塀で覆いたがる特性が強いように見える。
 境界線はハッキリとしておかないと気の済まない人種なのだろうか。

 また別の視点から見れば、流されやすい・マジョリティに弱い傾向があるかもしれない。
 ブラックジョークとしての小咄で…、

タイタニックが沈む時、救命ボートの数が足りなかったので、女性客と子供を優先させてボートに載せることになった。乗客を誘導する乗務員は男性客に、国籍ごとに言い方を変えて説得した。

イギリス人には「紳士のあなたなら当然・・・」

アメリカ人には「これであなたはヒーローです!」

ドイツ人には「これは規則ですので・・・」

そして日本人。こー説得した。

「だいたい、みなさん、そーされています。」

 なんて話があるそうだ。
 なんだかついつい頷いてしまう説得のされ方だけれど、近頃は「他人のことなぞ知らん」という人も増えつつあるようで、一概にはいえそうにはない。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top