さすが社会情報学部

 学部は違ったかもしれないけれど、確か友人の弟君が通っていたと思うのだが、青山学院大学の社会情報学部の学生にiPhoneが、大学側から配布されているらしい。
 利用料金などがどうなっているのかはわからないが、さすがは私立と思わせるニュースである。
 ちょっと前には、どこの大学だったか忘れたが、ポッドキャストでの講義などのためにiPod配布したところもあると聞いたことがある。

 記事内からの引用になってしまうが、「知識情報社会に向けてグローバルでユビキタスなモバイル・ネット社会に通用するアプリケーション・ライフスタイルなどを広く提案し担える人材の育成」のために「モバイル・ネット社会を体感できる環境が重要である」と考えたことから導入を決定したそうだが、これを配布された学生はともかく、どちらかというと講師の側がこの環境を上手く活かせるかが不安。
 学部が学部だけに、IT方面に疎い講師はいないとは思うのだが、こうした新しいガジェットへの適応速度と度合いっていうのは得てして若い人間の方が早いわけで。
 大学と教員側は、いわばコンテンツ提供側になるわけだから、iPhoneを大学講義の中でも使おうとするならば、講師陣も学生と同じ、もしくはそれ以上の適応性がないと持ち腐れになってしまう。

 人づてに聞いた話で恐縮だが、ユニークな大学講師の中には、試験の際に教材の持ち込みだけでなく、携帯電話のメールOK、モバイルPCによる情報検索OKという、なんともフリーダムな試験を行う講師がいるそうだ。
 なぜかと問うならば、知識を溜め込んで定着させることも大事だが、これだけ情報流動の激しい世の中で短時間に情報整理・統合ができるスキルはもっと重要だからと考えているためらしい。

    • ekkek
    • 2009 05/31 4:44pm

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    実際、「持ち込みオッケー」ってのはどうかなって思ってる
    試験時に初めて調べるなんて、試験じゃないし、「まとめたものを」ってことならいいと思うけど
    考え方の違いで、過程と結果の大切さが極端に違ってくるこの世の中にfuck!
    いろんな方法で、頭に知識をしみこませること、がんばるってことが大切って思う
    なんちゃって(笑)

    • 2009 06/01 3:07am

    SECRET: 0
    PASS: daddd2278116972ffa763d7176ce2c95
    何でもありみたいなのは偏差値の低い短大とかでありそう・・・
    やっぱり出席日数もまいにちの積み重ねもたいせつだとおもいますし
    それをこなしたうえでの知識・技術・手段だとおもうから
    生半可なことをしたいひととまじめさんを同義にするのはどうかとおもいます。
    ekkekさんはすごくいいことゆってるとおもいました。

    • 鬼灯
    • 2009 06/02 12:59am

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >ekkek
    おそらくはある程度講義内容を把握しておかないと、制限時間内に解答できない問題にしてあるとは思うんだがな。
    かくいう自分も、持ち込み可な試験では時間内に記述しきれるかも怪しくて、ロクに教材を参照した記憶が無い。
    >り
    結果は態度から導かれるというのは同意。
    結果だけなら付け焼刃で可能だけど、その後の定着具合が変わってくるし。

  1. トラックバック 0

return top