佐賀料理店

 佐賀の郷土料理(あるいは名物料理)は何なのかと、たまに問われることがある。
 恥ずかしながら出身地のことを熟知しているとは言い難い自分には、ありていにムツゴロウ(畑正憲氏ではない)だとか佐賀牛だとかイカだとか、その程度しか思い浮かばない。

 ちなみに余談だが、佐賀県職員の採用試験の中には郷土問題というものが設けてあって、どのくらい佐賀県を知っているのかが一つのキーポイントになるらしい。
 おどろくべきことに合同企業説明会に県庁からわざわざ人事部が出向いて就職活動中の大学生らにアピールしている、比較的珍しい県でもあるが、これはまた別のお話。
 (参考までに、公的機関とは思えない佐賀県職員採用応募ページ

 それはともかく、佐賀の料理を扱う飲食店が、東京は六本木にオープンしたとのこと。
 店名になっている「葉隠(はがくれ)」とは、江戸時代に旧佐賀藩の藩士が説いたとされる、いわば武士道の心得書のようなものの名前であり、そこから由来しているのだろう。

 記事から抜粋すると「佐賀牛鉄板焼としゃぶしゃぶをメーンに、ムツゴロウの甘露煮、ワラスボの骨せんべい、嬉野温泉水を使った湯豆腐、いかしゅうまいなどがそろう」ということだが、出身者でありながら、ムツゴロウもワラスボも、見たことはあっても食べたことがない。
 食べたことのある人間から伝え聞くには、「美味と言うか珍味」らしい。
 殊に、ワラスボに及んでは、ぶっちゃけエイリアン呼ばわりされる風貌であり、干物で売られていることが多いが、それでも見た目はあまり軽減されない
 個人的にはスズメの丸焼きと似たり寄ったりなのではないかと考えている。
 まだスズメの方がかわいいが。

 ムツゴロウでも食べるにはちょっと怖いという人を知っているが、ワラスボに比べればムツゴロウは文字どおりかわいいものに見えてきてしまう。

 東京は六本木に出店してくるくらいなので、この「葉隠」で出してれるムツゴロウだろうがワラスボだろうが、おいしいのかもしれないが、とりあえず佐賀県初心者にはどちらかといえば佐賀牛レストランの「季楽(きら)」をおススメしたい。

    • しも
    • 2009 03/28 12:58pm

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ワラスボうんめぇよ?
    干物は,やわらかくするために叩いて,一口大に切って揚げると酒の肴になりますがね!
    県職員採用試験の郷土問題を全部不正解だと,不採用w

    • 鬼灯
    • 2009 03/28 1:24pm

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    カラッカラだから、食べてもほとんど味しないんじゃないかと思ってたわ、干物。
    酒の肴になるということは、大概の場合において白いご飯とも合うわけで、それはちょっと期待できそうだな。
    実家帰った時に食う機会を探さねば。

    • 2009 03/28 2:42pm

    SECRET: 0
    PASS: a300a77e6f47698ce50323ded388f007
    ワラスボに噛まれたらいたそう・・・((( ;°Д°)))
    佐賀のお料理をネットでいろいろしらべてみましたけど
    あたしの食べられそうなものはすくなかったです…orz

    • 鬼灯
    • 2009 03/28 3:35pm

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あんな顔しておきながら、性格は温厚らしい。
    そもそも佐賀の郷土料理なんて数多いわけじゃないし、地元の自分でも珍妙だと思うものも多々あるからヘコむ必要はないw

  1. トラックバック 0

return top