寿命3年半か?

 どうもシステムドライブが寿命の様子。
 動作中にHDDのモーターがスピンアップして、ヘッドが「カツン」と一振れする音が何度か繰り返し起こり、その間の動作が固まる。
 最初は4年近く経つ、一番古いHDDがついにお亡くなりかと思ったのだが、ファイルをドライブ間でコピーする際に、システムドライブの読み込みがやたらと遅いので、おそらく物理的に損耗が生じ始めているのだろう。

 HDDは耐久消耗品として見なさねばならないといわれるが、その寿命は大体5年前後で見積もることが多い。
 今回損耗していると考えられるドライブは、神戸に来て最初の夏、3年前の夏にPCを刷新した際に導入したもの。
 結構煩雑な扱いをすることもあるので、限界が来ていても不思議ではないかなと。

 ここ数年のHDDならS.M.A.R.T.という技術によって、HDDがどのくらいの温度で、どのくらいのエラーセクタを持っていたりするのかという、HDD自体の動作にかかわる情報を把握し、大まかな寿命の目安として用いることができるのだが、今回はその指数が異常値を示さないうちに、突然支障が生じた。

 たまにはそういうこともあるかなと思っていたが、膨大なデータを抱えるGoogleの調査によると、Smartによる予測とHDD故障の割合にいは、あまり相関関係が見当たらないとのこと
 つまり、壊れるときには否応無く、時には前触れも無く壊れるということなのだろう。

 ともあれ、システムバックアップ自体は確保してあるし、まだギリギリHDDが稼働しているうちに、代替となるHDDを入手せねばならないので、今日のうちに確保する予定。
 予想外の出費で懐が痛むが、こればかりは日常使うものなので、放っておくわけにもいかない。

 今年はHDD受難の年なのだろうか…。
 親父曰く、「HDD一台損傷すると、同じシステム上に積んであるHDDにも影響が波及することがしばしばある」そうだが、SSDでも同じことが起こったりするのだろうか。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top