キャッチとしてはどうよ

専門学校から帰っていると、「危機一指」とか「幸せな2人が一番苦しかったりする」って書かれたポスターを見かける。
基本的に文字だけのレイアウト。
どうも政党ポスターのようだと思っていたけれど、コレは公明党のポスターだったらしい。
Google画像検索などでも出てくる。

調べてみると、見かけた上記2枚も含めると合計8枚のバリエーションがあるらしい。
(公明党ホームページより)

基本的には青年に向けたポスターらしい。
疑問を誘うキャッチではあるけれど、一瞥してある程度訴えがわかるようなモノとは、正直言って感じられにくいのではないだろうか。

「それが狙いです」と言われれば「はぁそうですか」と理解できないこともないが、政党ポスターがそれでいいのかなぁと思った次第。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top