タダで送る年賀状

気の早い話だと思われるかもしれないが、実際郵便事業はもうすでに動き出している。
先日も年賀配達のバイト募集のはがきがポストに入っていたし、印刷屋や文具店などでは「年賀状印刷承ります」の広告が展開している。

かくいう自分も、それほど多くの人には送らないのだが、恩師などには近況報告も兼ねて暑中見舞いと年賀状は出すようにしている。
ところが、付き合いの多い人や、いろんな付き合いのある個人事業者の人などは、これがまた厄介だろうと思う。
年賀状を出すには、はがきを買うのが通例だろうが、1枚50円とはいえ、相当な束を買っていく人が年末の郵便局では見受けられる。
そんなはがき代を出さなくていい、何とも都合のいいサービスができたようだ。
それを「tipoca(ティポカ)」という。

簡単にいえば広告収入ではがき代を企業に肩代わりしてもらうシステムのようだ。
はがきをタダでもらう代わりに、そのはがきには広告やクーポン券がついてきますよ、というもの。
請求書などでたまに見られる、はがきをペラペラとめくって内面にその内容が書いてあるというような、あのタイプのはがきなので、プリンターで印刷するのにも今まで通り使えて、支障が無いらしい。

現在受付予約中で、申込枚数は1口20枚から。
届くのは12月初旬になるらしいが、その送料さえも無料だとか。
あまりに応募が多いと抽選になる旨の注意書きがされているところは、多少注意が必要かもしれない。
申込は11月中までとしてあるようだ。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top