地産地消

片田舎に足を延ばせば、ほぼ全国どこにでもあるんじゃないかと思われる直売所。
田舎な都道府県である佐賀県にももちろんそういう場所はあるが、客入りがいいところはかなり儲かっているらしい。

佐賀大和インターを降りて、しばらく北に向かったところにある道の駅「そよかぜ館」はそういう類の販売店と言える。


大きな地図で見る

CIMG2687

写真向かって右手側が駐車場なのだが、休日ともなれば警備員が必要なほどごった返す。
写真で見えているバイクも今は1台だけだが、やはり休日は福岡から峠を越えてきたりしたツーリングメンバーでずらーっと並んだりする。

中は特産品の販売所がメイン。

CIMG2690

生花や野菜などは比較的安く購入でき、また漬物や惣菜、パンに団子、餅など色々なものがある。
たとえば小麦粉。

CIMG2689

1kg240。
「よかこなばい!」と書いてある。
佐賀弁で「良い粉ですよ」という意味。

佐賀県は佐賀平野を活かした米と麦の二毛作がよく行われており、それで収穫されたものをこうして売ったりしているということになる。

この建物の裏手には佐賀平野へと続く嘉瀬川が流れている。

CIMG2691

前日が雨天だったためにやや水量が増えているが、夏休みの時期になると子供連れで川遊びに来たりするキャンプカーが泊まっていたりもする。

CIMG2686

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top