籾摺り

稲刈り前に神戸に戻ってきてしまったが、もうすでに実家では稲刈りが終わり、籾摺り(もみすり)まで完了していると思われる。

もみすりの工程で使われる機械だが、実家に置いてあるものは相当古めかしい。

CIMG2673

これでも未だ現役活躍中である。
機械と言うよりはカラクリとでも呼ぶべき印象の木製だが、これが年に一回、つまり稲刈りの時期前になると組み立てなければならない。
これ1台が基本的に次の3つのモジュールからなっている。

momi1

momi2

momi3

収穫時期以外にはこれらの部位に分解してネズミにかじられない所にしまっておく必要がある。
取り出すときもしまうときも、一人でやるのは相当難しいほどに重たいため、稲刈りが手伝えない今年も、この組立だけは加勢してきた。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top