大晦日? いいえ、単なる冬の一夜です。

とか言ってみるものの、やっぱり多少なりとも感慨深いもので。
卒論に関しても細かいところはまだ手付かずだが、ノルマとなる分量は突破したっぽいので、あとはアウトライン構成にしたがって加筆し、小さいところを修正するくらい。
終わりが見えただけ、今年の厄の一つを落とした気がする。
今年は今年で転機になったけど、来年も来年で踏ん張らなければならなかったり新しい転機が来るだろうということで、何かと退屈することはなさそうだ。
今年お世話になった方々、本当にありがとうございます。
筆舌に尽くしがたいこの感謝は、いずれ態度で返したいと思いますので。
どうぞ来年もよろしくお願い申し上げます。
では良いお年を。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top