32ビットOSと4GBの壁とフレームレート

家庭用ゲーム機よりも、PCでゲームを行う人には興味深いベンチマークが公表された。
リンク先の記事にもあるとおり、現在OSは32ビット版と64ビット版の2つに大別することができる。
面倒臭い話はともかく、32ビットOSではメインメモリを4GBまでしか認識させる事ができず、64ビットOSではそれを大きく上回る容量のメモリを搭載する事ができる。

しかしメーカーパソコンにしても、WindowsがインストールされているPCのほとんどは32ビット版OSであり、大きな要因としてはアプリケーションが64ビット版OSに対応していなかったり、ドライバが対応していなかったりするため、64ビット版OSへの移行がなかなか進まないのが現状。

だけれどもメモリの価格はぐいぐい安くなって、3Dゲームはメモリをドバドバ食う始末。
ではこの際64ビット版OSを導入して将来性を見越したほうがいいのかという問いに対する1つの回答が先のベンチマークではないかと。

簡潔にベンチマーク内容をまとめると、ゲーム中の処理具合については2Gあろうが4G以上確保していようが、それほど大きな差が出るというわけでは無さそう。
ただ今回のベンチマークで計測されているのはフレームレート(FPS:一秒間に何回画面を更新するか)のみで、一概にメモリ容量がゲームの3D処理に大きな影響をもたらさないとはいいきれないが(メモリスワップなどによる処理低下も考えられるので)、やたら大容量を載せれば見違えるほど快適になるということは無いと考えていいだろう。

とはいえ、ゲームをしない場合でもアプリケーションを多重起動していればメモリ消費がかさみ、やはりスワップを起こして挙動が重たく感じられることになる。
WindowsXPでも512MBのメモリでは正直キツい。
最低でも1GBは搭載しておかないと、ブラウジングしながらドキュメント作成をして、さらにエクスプローラで画像をサムネイル表示する、などというよくある使用さえもモタつくことがある。
長期的動向はわからないが、メモリのスポット価格がやや値上がり傾向を示しているようなので、増設を検討するにはいい時期なのかもしれない。

結論としては、4GB積んでおけばひとまず間違いないということで。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top