新装備



本日、我が家に複合機が降臨なされた。
それはキャノン製、PIXUS MP500
http://cweb.canon.jp/pixus/lineup/mp500/index.html

以前のエプソン製の旧式は、2年以上前に中古で手に入れ使っていたわけだが、これが両面印刷は手差し差し替えで、インクヘッドのかすれが起きるわ、巻き込み給紙が起きるわ、プリンタとしての欠陥が著しかった。

また大学で文系教科を専攻するものとして、文献は欠かせない。
書物と同時にやはりコピーが必要になってくるわけで、ましてグラフや表を用いてレポート編集しようとなると、スキャニングも無くてはならない。

そのためプリンタのみならず、スキャン・コピーができる複合機を購入するにいたったわけである。
また、なぜ前と同様にエプソン製にしなかったかというと、同等の値段で製品を比較した場合、キャノンの方が機能性・デザイン性の面で優れていたように思えたからである。

で、実際に何枚かテストプリントしてみて。
いくらか印刷が薄く感じられるが、それは設定を見直してみる。
あとは文句の付けようがない。
さすがに旧式に比べてプリント時間も大幅に短いし、且つ綺麗。
何より、プリンタブルメディアに直接プリントできるのほ、個人的にかなり重宝している。
レーベルシールをつかって印刷すると、印刷範囲のズレを修正するのがややこしいが、これなら専用トレイにメディアをセットしてプリントするだけで、手軽にズレなく印刷できる。
ただし、専用のソフトがないと使えないのが難点か。

ともあれ、コイツとはしばらくの付き合いになりそうだが、久しぶりに良い買い物をしたと思えた。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top