汗を流せ

本日は私には珍しく、肉体労働の日。
とは言っても大したことではない。
実家が建築業のため、暇を持て余している私が助手として作業に参加しただけのこと。
ツナギを着て、まだ壁も無い木造の一軒家の建築に助力するわけだ。
先日も同じようなことをやったわけだが、今日は現場は曇り空で、先日に比べてマシな温度で作業ができると思っていたら、とんでもなかった。
昨夜の雨でかえって湿度が高くなり、逆に嫌な暑さのなかでの作業になってしまった。
結局朝9時前から夕方6時頃まで、汗みずくになって助手の役割を全う。
ツナギの下に着るシャツは、着替えとして持って行った3枚全てが汗ぐっしょりになり、2リットルペットボトルはとっくの昔に空に成り果てていた。
しかしまあ、ここの所腐っていた身体を有効活用できたため、かえってスッキリした。
「やはり人間、頭でっかちではいかんなぁ」と痛感。
もうしばらく、この助手という役割は続きそうだ。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top