親父

ふと考えたのだが、親父に殴られたことのある子供(自分もまだまだ子供だが)って、どのくらいいるのだろうか。
親父がちょっと畏怖の対象に該当するって答える人がどれだけいるんだろう。
無論DVって意味じゃない。
いわゆる昭和の映画なんかに出てくる、放蕩息子を親父が殴り飛ばすというようなアレだ。
今や、厳格な親父というのが希少になったと思う。
いや、それが悪いとかいうつもりは毛頭無いし、ゴロゴロいてもらっても困る。
ただ、いじめ云々とか見てると、手加減知らない連中が増えたよなぁと。
幸い(?)自分は親父が職人気質だったので、よく手ェ出されたし、弟に至っては親父と殴り合いまでしてる始末。
だけどコレって結構重要なコミュニケーションなんじゃなかろうかとか思う。
何でも口だけで解決するなら、有史以来戦争なんて起こりはしないわけで。
痛みがわからないと程度がわからない。
「これ以上はエグいしヤバいよな」とか「さすがにこの先行っちゃうと収拾つかねぇし」とか知らんから一線越えちゃう。
その一線を覚えるのがガキの頃のケンカだったり、親父の雷だったり。
今、ガキんちょがロクにケンカしてる姿を見たことが無い。
ケンカしようとするとすぐさま保護者なり誰かが仲裁に入って一件落着。
そら痛む隙さえないわな。
世の中の親父よ、もっと威厳を持ってくれ。
世の中のオカンよ、もっと子供を柵から解き放て。
ヘタに成長して小賢しくなってからでは余計タチが悪い。
ガキの頃のうちに身に覚えさせろ。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top