秋が近いが

昨夜専門学校の講義を終えて、原付で帰っていると風が随分と涼しくなったことを実感した。
徐々に日も短くなってきたし、あとは寒くなるばかり、か。

季節や情緒とは全く関係なくなるが、いよいよ手元のPCのCPU性能に満足できなくなってきた。
もともとそれ程上等じゃないCPUを積んでいたのだが、最近こういったモノを見つけて性能テストをしてみた。
http://www3.capcom.co.jp/lostplanet/

現状のスペックでは色々妥協しなければ満足に動かすことができない。
で、コレをそれなりの動作環境でそれなりに動くように強化してやりたいわけだ。
その上でこのPCの一番のボトルネックになっているのがCPU。
グラフィックアクセラレータは以前強化したものの、やはり最終的にはバランスが取れていないと性能を満足に引き出せない。
今積んでいるCPUはIntel製のPentiumDの廉価版であるCeleronD。
PentiumDはCPUコアを2つもつデュアルコアだが、CeleronDはシングルコアだ。
ここ1?2年間のCPUトレンドはマルチコアに流れていて、最近ではクアッドコア(x4のコア)CPUでも一般人が手を伸ばせるようになってきた。

IntelのメインストリームがPentiumファミリーからCore2ファミリーに移行した中で、なおかつPentiumの廉価版であるCeleronを使用しているというのは、さすがに無理をきかせるには力不足になっている。
やはりここはクアッドコアとは言わないが、Core 2 Duoくらいには積み替えなければ今後のヘビーな使用には耐えられない。

わずか3cm四方程度のPCパーツに2万?3万円なんて、一般人からすればバカみたいな買い物に思えるのだろうけれど、ノドから手が出るほどそれが欲しい自分はアホ極まりないのだろうなぁ。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top