プライム会員に加入してみて

Amazonの送料が改訂されるのに伴って、プライム会員に加入してみた。

一番のメリットとしてはお急ぎ便や時間指定配達が追加費用なしで使えることだと認識していたし、実際にお急ぎ便はAmazonに在庫がある限り、発注から48時間以内には大体届く。このサービスは思っていたより便利だった。

Amazpnプライムビデオが予想外に時間泥棒

しかし予想外のメリットとして、Amazonの映像配信サービスのうち、会員特典として無料で見られるプライムビデオが意外に素敵。

日本・海外問わず過去のテレビドラマや映画が公開されているのみならず、Amazonジャパンが独自企画した番組などもある。

他の大手動画配信サービスと比べて、作品数は決して多いとはいえないという話も聞いていたし、入会した当時もさほど期待していなかったが、「内村さまぁ~ず」や「深夜食堂」、「孤独のグルメ」、「勇者ヨシヒコ」など、比較的ニッチで面白い番組がいつでも無料で見られるとあって、今ではヘビーに使わせて頂いている。

タブレットを車載ナビシステム替わりに使っているので、このAmazonビデオに加えてAbemaTVなどもタブレットにインストールしていると、長距離ドライブや渋滞もあまり苦にならなくなった。

ビデオは端末へのダウンロードも可能(※注意点有り)

また最近のAmazonビデオ用Androidアプリのアップデートに伴い、Amazonビデオ作品がSDカードにもダウンロードしておけるようになったことも好印象。

従来はダウンロード自体は可能だったが、Kindle端末以外は内部ストレージにしか配信ビデオをダウンロードすることができなかったため、16GB程度しかないミドルクラス~ローエンドの端末では容量の都合上、どうしてもストリーミング再生が中心となるのがネックだった。

その点、Wi-Fi環境下で見たい番組をあらかじめダウンロードして溜めておけば、ストリーミング再生よりも画質よく、また通信量制限を気にすることなく視聴できる。

ただしこのダウンロード再生も認証の都合上からオフラインでは再生できず、またプライム会員であってもプライムビデオをダウンロードして溜めておける数には制限がある様子。

その他のプライム会員特典

Amazonビデオの他にも、同じように音楽配信サービスもプライム会員は一部無料で視聴できるが、再生するためには原則的にAmazonミュージックアプリでしか再生できないため、端末に保存している曲とザッピングしながら聞くことができない点でマイナスポイント。

あとは写真をRAW形式のままであっても無制限でクラウドバックアップできるAmazonプライムフォトも目玉のひとつらしいが、端末で撮影した画像のバックアップについてはほとんどGoogleフォトで事足りてしまうので、こちらはほとんど利用していない。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top