アーカイブ ‘ 2014年 7月

au wallet使ってみた感想

「支払いもスムーズだし持ち歩く硬貨が減ってだいぶ財布が軽くなった」という友人の感想に感化されて、au wallet発行を申請したのが6月の末。
1ヶ月弱ほど待ってau walletが届き、あちこちで使ってみた。

まず、確かに小銭に触れる機会が減った。支払いのたびにサインをする手間が代わりにやって来るが、硬貨を出したり釣り銭を受け取るのに比べれば大したことはない。
何よりMastercardとして使える一方でプリペイド式であるために、ツケを残すという精神的負担が無い部分で安心感が大きい。
それとあまり触れられていない部分だが、Webマネーカードとしても使うことができるため、オンラインゲーマーならなおさら利便性の高いカードということになる。

ただし、このカードへのチャージ方法には改善の余地があると思っている。

現在au walletへのチャージは以下の方法で行うことができる。

    • auショップ
    • じぶん銀行
    • クレジットカード
    • auかんたん決済
    • au walletポイント

au walletを、後日請求されることなどがない本質的な「プリペイド」として使うためには、上記手段の中ではauショップに行くかじぶん銀行の口座からチャージするのが最も現実的な方法ということになる。
もっと欲深いことを言うなら、ショップでチャージするためには営業時間内に赴かねばならないし、多くの場合は入店してから窓口でチャージを依頼するまでに待ち時間があるのもデメリットだ。

すると残るはじぶん銀行からのチャージだけということになるが、これまでじぶん銀行に口座を持っていない人が、わざわざau walletのためだけに口座を開設するというのも、あまりスマートとは言えない。今後対応するネットバンクが増えれば有り難いのだが…。
さらにじぶん銀行の口座を持っていたとしても、au walletへのチャージは任意の額では行うことができない。以下のように最低一口5,000円からのチャージというのも、状況によっては不便と言える。

au wallet charge

 

なお、au walletが届いてからしばらくして知ったことだが、ほぼ同等の機能を備えた代替カードとしてWebマネーカードが存在している。

こちらのほうもMasterCardとして使えてプリペイド式、そして名前の通りWebマネーとして利用が可能で、チャージ方法もauかんたん決済とポイント振替を除けばほぼ一緒。
だがネットバンクからのチャージがじぶん銀行のみならず、三井住友とジャパンネットバンクにも対応している点で、若干こちらのほうが利便性が高い。

 

return top