アーカイブ ‘ 2009年 11月

La Montgorlfier Nocturne

 佐賀インターナショナルバルーンフェスタは昨日が最終日。
 週末は天候に恵まれなかったが最終日の文化の日は風も比較的穏やかでフライトには支障のない天気となった。
 もっとも午前中の競技などは見にいけなかったわけだが。
 とりあえずせめて最後のイベントである夜間係留「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」は行かねばならんというか、それくらいは見ておきたい。

 基本的に大会期間中、結構広範囲にわたって会場周辺は許可車両以外の進入が禁止されることになるが、母方の実家が会場近くなので、そちらに立ち寄って挨拶に伺うのも兼ねて、交通規制を行っている係の人に臨時許可証を頂いた。

 到着した時間帯は夕方の競技が終盤に差し掛かった頃で、会場に向けて熱気球が何機も飛来してくる。

DSCN0133

DSCN0128

 クライマックスの夜間係留は6:30からで、具体的に何をするのかと言えばバンド演奏をBGMに会場に集まった多くの熱気球がバーナーを焚く、ただそれだけなのだが、これが結構混雑する。
 バーナーの炎が内側から球皮を明るくするので、バカデカいフィラメント球が点滅しているようにも見える。

DSCN0164 

DSCN0155 

DSCN0143 

DSCN0215 

 次の写真の左下に生演奏中のステージがあるが、こう対比してみるとスケール感がありすぎる。(特にHONDA

DSCN0184 DSCN0159

 無論、熱気球はバーナーを焚いて暖気を送っているので、チームメンバーやスタッフで押さえつけておかないと浮揚してしまう。
 普段競技中は2人程がゴンドラの中に乗るのだが、こういうときはぎっしりと。

DSCN0198

 デジカメの動画撮影機能のテストも兼ねて、ちょっと長ったらしいが一部始終を撮影してみた。

 帰り際にJRの会場臨時敷設駅に停車していた、4両編成の電車。
 田園地帯のド真ん中に明々としているのが、なぜだかものすごく物悲しく見える。

DSCN0219

読書の秋

 昨日は雨こそあまり降らなかったものの強風のために結局熱気球競技はキャンセルとなり、またしても残念な気持ちである。

 それはそれとして、電車に乗っている間、あるいはちょっとした空き時間や寝る直前など、本が読みたい欲求に駆られたので、ここ最近1週間に1冊くらいのペースで新書を読み潰している。
 ここ1ヶ月で読み通した本を列挙すると、

・ 『ネット未来地図 -ポスト・グーグル時代 20の論点-』 佐々木俊尚
・ 『「渋滞」の先頭は何をしているのか?』 西成活裕
・ 『ウェブ恋愛』 渋井哲也
・ 『クラウド・コンピューティング仕事術』 西田宗千佳

 相当ジャンルが偏っているというか、興味の指向性がよくわかる気のする並びである。
 ちなみにあらかじめ買う本を決めて書店に向かったわけではなく、とりあえず講義が終わってから福岡のジュンク堂に立ち寄って新書コーナーで適当に面白そうなものを選び抜いていたら勝手にこうなった。

 現在読み進めている本は『文章は接続詞で決まる』(著:石黒圭)
 ブログを書いていると 「なんだかものすごく単調な文面で稚拙だなぁ」 とか 「今一つ文章にまとまりがない」 とか感じることが最近増えてきて、特に逆説の接続詞や並列の接続詞を何度も繰り返し使っていたりするのを自覚していたので、もう少しうまく言葉を紡ぐ能力を磨きたいと思っていた矢先にこの背表紙が目に留まり、何かのヒントになればと思って手にしてみた。
 本の受け売りだが、英語の「text」という単語はラテン語の「織る」という単語に由来するものらしい。
 今でも織物をあらわす単語として「textile」があるが、それを考慮すると日本語で言うところの「言葉を紡ぐ」という表現はかなり言い得て妙な比喩だと思う。

 またもう1冊、この次に読むために手をつけていない本『欲望する脳』(著:茂木健一郎)も積まれているなので、もうしばらく移動時間に退屈することはなさそうな気配。
 ただ問題点として、引っ越しの際に箱詰めしてきた書類・書籍などがまだ完全に本棚に収納されていないのに、新しい本ばかりがドバドバ入ってくるのはどうしたものか。

長雨

 久しぶりに一日丸々予定の空いた昨日の日曜日、バルーンフェスタに出掛けてみたり車の窓磨きをしてやりたいと思っていたら朝からしとしとと雨が続くモンだから、結局どちらも達成できずじまい。
 熱気球競技については朝、そして夕方にそれぞれ競技が行われることとなっており、いずれも競技前に参加者を集めてブリーフィングをする。
 とても天候に左右されやすい乗りものなので、この際に競技を実施するか中止にするかを話し合うそうだ。
 ここ近年になって、オフィシャルページからPCはもちろん携帯からでもフライトの実施状況を確認できるようになったが、以前は「あるかどうかわからないけどとりあえず会場で待機してみる」ということが多々あった。
 熱気球競技だけではなく、各種様々なイベントがあったりするのでそれはそれとして楽しむことができるのだが、会場から続々と飛び立つ、あるいは飛来する熱気球を見れないというのは肝心な部分を欠いた印象が拭えないので、やはり残念ではある。

 大会は残り2日間で、最終日がちょうど祝日ということもあり混雑することが予想されるので、比較的楽にウロウロしたりするなら今日が狙い目だと考えていたけれど、今日もあまりいい天気予報が出ていない。
 朝のフライトはすでに中止の告知が出ていて、午後からの競技も怪しい気配。
 一応公式ブログのフィードを携帯でチェックできるようにしつつ、今日の午前中の講義が終わって時間があるようなら足を向けてみようと思っているところ。

 天気予報をチェックしていて気付いたが、この長雨に伴ってか、いよいよ今日くらいから気温も下がりだして冬めいてくる様子。
 しかし今年は去年までと違って原付でウロウロすることが無くなり、ありがたいことに屋根付き・エアコン付きの車両で移動できるようになったので、服装に困ることが無くなる予感。

 それにしても金曜日に歯科で治療してもらったときのCRが微妙に歯茎にチクチク当たって気になる。
 仮留めというか、次回治療でインレー(銀歯)を詰めるまでの一時処置なのでそれまでの我慢だろうか。
 思考感覚的には「鼻づまりのせいで集中力半減」のような煩わしさに似ている。

無線LAN構築完了

 実家で使っていたルーターが有線のものしかなく、前々から親父などとリビングなどでラップトップが使えればいいなという話をしていたのだが、なかなか無線LANルータを買ってくるタイミングがなかったので先延ばしになりまくっていたところ、いい加減年内には何とかしようと思って先日ついにルーターだけ仕入れてきた。

 バッファロー製にするかコレガ製にするか最後まで迷ったのだが、結局価格帯との兼ね合いでコレガのCG-WLR300GNHに決定。
 木造2階建でそれなりに使えることを重要条件として購入し、だがしかし肝心の無線LAN内蔵ラップトップPCは発注しているものの、まだ手元に届いていないので完全なテストはできなかったが、PSPで試してみたところそれなりの電波強度(40?50%前後)を拾えたので、おそらくそれなりのラップトップなら問題なく接続できるだろう。

return top