アーカイブ ‘ 2009年 10月

PSP買ってしもうた

 新型が出るなんていう情報があるにもかかわらず、夏も始まる前に「欲しいかもしれない」と言っていたPSPを、とても今さらな感があるが、ついに入手した。
 中古品とはいえ比較的綺麗な状態で、本体カラーはピアノブラックなのだが、そのままの状態で手にしていると手垢や指紋、あるいはちょっとしたヨゴレがかなり目立ってしまう。
 逐一拭き取ってもいいのだが、それだと長くしないうちに本体がヘアライン加工みたいになってしまう恐れがあったので、グレーのラバーケースで保護してみた。

4748

 電車に乗っている間やちょっとした待ち時間などを潰すには非常に都合が良くて、近頃はカバンの中に常備されている。

マイカー

 ごくごく最近まで親族の乗らなくなった古い車で動き回っていたのだが、ついに念願の(?)マイカーを得ることに成功した。
 あらかじめ断っておくが、今回はプラモではない。

4710

 三菱製Toppo BJ
 プラモのようにホイホイといい車が手に入ればいいのだが、稼ぎらしい稼ぎをあげられない現状において、それは身分不相応というものである。
 外装はともかく、内装はそれなりに薄汚れていて年数の経っている感じが拭えないが、中古車なのでやむなし。
 最初はキーレスエントリのリモコンが効かない状態で、電池を入れ替えても動作せず、購入先に相談してみるしかないと思っていたら、トランスミッターの設定がとんでる場合があるという事例とその対応策を見つけ、戦々恐々試してみたら無事復活。

 とりあえず外装は磨きに出しておいたので綺麗な方だが、白は水アカが目立って仕方ないのでこまめに掃除しなければと考えている。

状況安定化

 学校の講義スケジュールも大体固定化されてきて、状況的に落ち着きつつある。
 一週間の内に同じ講座が2?3コマほど開講曜日が予め決められて用意されているので、都合のあう曜日と時間帯に合わせて受講すればいいのだが、1コマ3時間の講義なので、集中力としては2コマ連続が限界。
 とりあえず月・火・金が朝から昼過ぎまで、水・土は昼から夕方までの講義で、木曜は別件で伝票整理の仕事があるので、日曜日がキリ良く休日ということになる。
 神戸にいた頃に比べて通学距離がかなり伸びたこともあり、また車での移動ということもあって以前に比べて夜更かしができない。
 いつまでも遊んでいる場合ではない状況ともいえるので、やむなしといえばやむなしなのだが。

 

 ところで学校に通うために福岡に駐車場を借りていることはちょっとだけ書いたが、昼までの講義を終えて3時くらいにさて帰ろうと駐車場に向かってみたら、車が視界に入ると同時に車体の下に潜り込む影が。
 かがんで覗いてみると、ネコが居座っていて、なかなか出てくれそうにない。
 そのまま発車してしまうのはとちょっと冷酷すぎるので、ちょうど昼食も食べ損ねていたことだし、近くのスーパーで飲み物とパンを購入し、食べ終えてからまた戻ってみると別の位置に移動してくれていた。

4723

 いかにもふてぶてしい顔である。

フェアレディZ Ver.ST

 日産の誇る人気スポーツカーの1つであるフェアレディZバージョンSTの05年モデルを、ちょっとした思いつきというか、気分がよかったので買ってみた。
 本当はもっと違う車にしようと思っていたのだが、店頭を回ってみたらこれくらいしかめぼしいものが見当たらなかったので、まあ手ぶらで帰るよりはいいだろうと。
 さすがに少し値が張ったが、ちょっと遊ぶにはとてもいい満足感を与えてくれそうなモノだと感じた。
 最近そういう娯楽から遠ざかっていたし、ツール類が実家で荷物整理をしている間に見つかったので、久しぶりにそういう気分になったことが引き金である。
 きれいに扱いこなせれば、軽い高揚感というか、のめり込む気分にさせてくれることだろう。

 ただし今現在未完成である。
 だってプラモの話だから。

CIMG4705 

 さぁ作ろうと意気込んでみたものの、もう数年使っていない塗料がカッチカチに固まっていて、そうでなくても十分な量がビンの中に無い状態なので、この日はボディや大雑把な部分に1500番くらいのサンドペーパー(紙ヤスリ)をあてて塗料の食い付きを良くし、面がヒケている箇所はエポキシパテで埋めて補修する作業くらいが関の山。

 ガンプラのように、ある程度組み上げてから塗装作業に入ることができれば、いいペースで作業が進みがちなのだが、大体車などのキットは一つの部位(シャシーやボディ、内装など)の塗装を個別に終えてから徐々に組み立てていく手順になるので、塗料の乾燥状態などを考慮するととても1日で終えることができない。
 とりあえずヒマをみつけつつ、有機溶剤の匂いを漂わせる部屋でコツコツ進めていこうと思う。

福岡市営地下鉄七隈線

 福岡にまつわるエントリが最近やたら多い気がするが、神戸に住んだ時もそうだったし、デジカメ持ち歩いているということもあって、やはり身近なところはネタにしやすい。

 そこで今回は福岡までの通学手段となっている地下鉄の話。

 詳しい経緯はWikipedia解説に丸投げするとして、自分が主として乗り込むのは2005年に開通した七隈線。
 写真は天神南駅のホーム。

CIMG4697

 駅はもちろん、車両も既存路線を運行している車両よりも新しいものを運用している。

CIMG4684

CIMG4698

 乗車してみるとわかるが、モーター音が結構静か。
 また車両内部もどちらかというと若干広く見える。

CIMG4703 (2)

 車両と連結部デッキの間の扉が全面透明なのが印象的。

 福岡の方で講義が始まったことで、以前より心に決めていた「初日の昼食はラーメン」という願望を達成してきた。
 本当は割高だが手堅く一蘭にしておこうと思っていたが、天神店の方に向かって歩いていると、その店舗のきわめて近く、50mも離れていない距離に一杯280円を売り文句にする「博多ラーメン膳」という看板が見えた。

CIMG4692

 随分リーズナブルな価格で、ハズレだったらどうしようかと一瞬頭をよぎったが、とんこつラーメンの都九州は福岡で、しかもその市街地の天神に出店するくらいだからうなだれるほどガッカリさせることはないだろうと信じてのれんをくぐってみた。

 オーダーは入り口横の食券を購入して提示する。
 替え玉の食券(100円)も同様に販売しているので、あらかじめ最初に買っておくと都合が良い。

 あまり待たされることもなく、2?3分ほどでラーメンが届くのもありがたい。

CIMG4690

 シンプルなとんこつであまりクセがなく、でもそれなりには鼻に残る程度の濃厚感があるスープ。
 価格の割には麺も味・噛み応え共に悪くなく、チャーシューは可も無く不可も無くというレベル。
 神戸で食べた長浜亭のラーメンに近いカンジで、向こうが1杯600円だったことを考えると、こちらは替え玉を含めても380円なので、コストパフォーマンスの観点から言えばかなり満足できるところかもしれない。

 学校から近いこともあるし、たびたび食べにくることになりそう。

てんちか

 天神は南北にはしる渡辺通りを中央市街地として繁華街が形成されているが、この渡辺通りの地下には天神地下街、通称「てんちか」が存在する。
 渡辺通りに面する主要な商業施設・オフィスビルには大体この地下街からアクセスすることができ、また市営地下鉄および西鉄天神駅・バスセンターにも繋がっているので、雨天時だろうがあまり問題視すること無く動き回ることができる。

 神戸三宮の地下街「さんちか」も、JR・阪急三宮駅を北端として南は神戸市役所くらいまでの規模があったが、それよりも長い。
 地下鉄七隈線ができる際に南にいくらか延長され、500mではきかない程の距離になっており、またマップに記載されている通り、2本の通路が並行してその間と左右に店舗群が入居しているため、比較的広い印象を受ける。

 南端の地下鉄七隈線入口付近から、西側通路を北に向くとこんなカンジ。

CIMG4693

 全体的な色調として暗く重い色調が多いが、これは劇場をコンセプトとした造りにしたためらしい。

定期購入

 今後の通学に欠かせないものとなるので、福岡市営地下鉄の定期券を購入してみた。
 以前のエントリで取り上げた、「はやかけん」である。

CIMG4681

 磁気カードの場合は定期料金だけだが、やはりここでもICカード発行時のデポジット料として500円を追加領収される。
 自販機で購入する際、磁気カード式とICカード式のどちらかを選択できるが、返却すればデポジット代金は返ってくるので迷いなくICカード式にしておいた。

 コレで博多まで行くには乗り越し分を払う必要が出てくるが、おおかたの用事は天神までの区間で済むはずなので、これさえあればホイホイ気軽に出掛けられるというもの。

 しかし公共交通機関の定期券を買うなんて、高校の時以来。
 しかも憧れの(?)電車通学。

return top