アーカイブ ‘ 2009年 8月

告知事項とマモノさん

 周囲の一部の人には告知していたけれど、本格的に神戸を引き払って九州に戻ることがほぼ確定したので報告。
 おそらく27日に引っ越しを行い、予定通りならばその日のうちに体だけ先に実家に戻るつもり。
 その後は実家に留まり続けるかもしれないし、あるいは福岡に下宿先を構えるかもしれないが、それは戻ってから検討してみる。
 福岡も中央区・博多区・早良区くらいまでなら実家から自前で家財道具を積載してトラック運搬することもできるし、とりあえず状況次第ということで。
 「初耳だし! 聞いてないし!」という方にはごめんなさい、そうなりました。

 告知事項はこれくらいにして、昨日はその引っ越しの業者選定や見積もり比較をしつつ、TVで甲子園を観戦していたわけだが、第3試合の智弁和歌山と札幌第一の試合で甲子園のマモノさんが暴れ過ぎ。
 「今年のマモノさんは穏やかだなぁ、手出ししてこないなぁ」などと思っていると、序盤から智弁の守備がガタガタのボロボロに崩れて、マモノは札幌に味方したかと思いきや、中盤以降から徐々に智弁の守備が回復。
 結果的に智弁が9回表で点差を巻き返し、その裏で大きなミスをすることもなく手堅く締めたカンジ。
 一部、ホームへの返球合戦かといいたくなるようなインニングもあったが、内容的にいい試合だったかどうかは別にして盛り上がった試合だったと思う。
 つくづくマモノさんは気まぐれだと言うことがわかる試合でもあった。
 一昨年の佐賀北高校はマモノさんが味方についた好例だったが、近いことが札幌第一に起こるかと期待していたけれど、そんなにやさしくは無かったようだ。
 むしろ上げて落とすとは…、エゲつない。

これもVIPクオリティ

 時間が空くようになってから友人らと食事したり呑みに行ったりすることはあれど、今のところ性急に動かねばならないことがそれほどあるわけでもないので、持て余した時間に、ここのところ久しくアクセスしていなかったニコニコ動画などブラブラ巡回してみると、これまた久しぶりにボーカロイド曲以外で悪くないなぁと思えるオリジナル曲『Rainbow Girl』に遭遇。
 歌詞のコンセプトが若干“アレ”なのがネックだが、メロライン等は結構好みかも。
 とりあえず何がアレなのかはコチラの当該歌詞を見てもらうとして、それを把握したうえで以下張り付ける動画で直接鑑賞してもらえれば、動画の背景がなぜ“そういう系統”なのかも理解してもらえるかと。
 なのである意味上級者向け(?)のネタだと断っておく。

 一番最初に投稿された、いわゆる本家。

 念のため、全然読み込みが進まないというケースを想定して、わりとサクサク繋がるだろうZoomeの転載動画を張っておく。
 中身は上と全く同じ。

 比較的再生数が伸びている、他の歌い手によるカバーを2つ。
 ちなみに自分は本家よりも以下の2つの方が耳当たりがいいと感じる。

 人によっては「素人ばかりでキモい」という評価も当然ありえるわけだが、顔も知らない人間が集まって一つこういう作品ができたということを鑑みれば、上等なんじゃないだろうか。
 というのも、この曲が2ちゃんねるの「作曲できる奴ちょっとこい」というスレッドの中で練られたものだから、「ちょっとばかり腕に覚えのあるそこらの人間がテキトーに集まったらこんなモノができましたよ」というカンジに近い。
 その現象がバックボーンにあるから、今回取り上げたような普通だったら別にどうということは無いような作品でも、面白さが加味されて楽しむことができるんだろう。
 逆に考えるなら、事情が理解できないと面白みや興味が半減することもある。

 こういうのがたまにポロポロっと出てくるから、ネットはやめられない。

4k

 デジタルデータを格納するためのデバイス(HDDやSSDや光学ディスク、フラッシュメモリ群含む)の容量増大っぷりはウナギ登り状態だが、プログラマーたちの遊びによっては、ストレージ容量を大きくしなくても、逆にデジタルデータの規模を小さくして実質的な格納量増大をはかることができるかもしれないと思わせてくれる試みを発見。
 ズバリ、4KBの3DCGムービー

 4KBがどのくらいかはリンク先のニュースにも書いてあるが、文字媒体換算にしておくと、こうして書き綴っている日本語全角文字が1文字2バイトのデータ量。
 4KBはバイト換算にすると4×1024バイト=4096バイト。
 つまり、4KBは日本語文字列の2048文字分のデータ量しかない。

 そのため、3Dといっても数秒そこらの一枚絵みたいなモンだろうとタカをくくっていたが、いざデータをダウンロードして展開・起動してみると、恐るべきことに尺が3分ちょっとあり、しかもBGM付き。
 確かにこれはスゴいの一言に尽きる。

 DLして試してみるのが一番わかりやすいが、実行ファイルを起動した直後のデータ展開時に結構なCPUパワーを食う上に、3D描写能力もそこそこのラインを求められるようなので、一般的なノートPCやスペックに自信の無いPCを使っている場合には注意が必要。

夕空

 フォルダの中身を整理していたらポロリと出てきたので記事にしてみたが、もしかしたら以前張ったことのあるフォトかも。
 ちなみに撮影日は去年の12/25になっていた。

 蚊取り線香焚きながらヒグラシのカナカナという鳴き声を耳にして過ごす夏の夕方も風流だが、冬の澄んだ空気を通して見る黄昏の表情は、その時間が短いこともあるせいか、どこかおごそか。

CIMG3725

CIMG3726

蚊取り線香

 やはりあると無いでは蚊に食われる具合が変わってくる蚊取り線香。

CIMG4499

 電熱式揮発液を用いた虫除け剤でもかまわないのだが、やはり情緒をかもすのはこの渦巻きかなと思っており、コンセントも慢性的に不足気味なことだし、一人暮らしの悠々自適さも手伝って蚊取り線香を好んで用いている。
 やや匂いが残るのが難点と言えば難点だが、夏らしさを感じさせる匂いなので、個人的に毛嫌いするほどではない。

酒の席

 今週頭に岡山で旧友たち(と言っても3人ほど)と会って呑んだりしたのだが、昨日もあまり変わらない規模で大学の同期の友人たちと梅田でゴハンになった。

CIMG4484

CIMG4485

 ド頭から日本酒頼ませてもらうのもどうかと思ったが、気兼ね不要と開き直って遠慮無く。
 卒業以来の顔合わせだったりする人もいて、たまににこういう席を設けると、やはり話に華が咲く。
 大学の頃のようにそれなりの人数で騒ぐことは無くなったが、これはこれでマイペースで助かる。

 誰々が結婚しただの入籍しただのという話にもなったりして、その延長上で結婚価値観の議論に発展した際にその場の全員が未婚というのは何とも皮肉な(?)状況だとは思ったが、そういう話が誰から飛び出てもおかしいことは無いのであって、それを認識した瞬間、そこはかとなく複雑な心境に。
 「さて次は誰だろうか」と牽制しあうのも、ある意味お約束かなと。

つけ麺風ざるそば

 先日はそうめんに飽きてヒネリを効かせてみたが、今度はそばに飽きた。
 麺が違うとはいえ、めんつゆに浸して食べる行程とめんつゆ自体がかわらないわけだから、そりゃどちらかが飽きればもう片方もバイアスがかかるのは必然というか。
 某デリバリーピザのCMで 「夏やからって、あっさりしたモン食べたいのは大人だけやで!?」 というセリフの出てくるヤツがあるが、いいだろう、それならばパンチのきいた食べ物にしてやる。 そばで。

CIMG4482

 一見なんのことは無いフツーのざるそばだがめんつゆに細工がしてあって、普通のめんつゆに、おろしにんにく・ごま油・ラー油をプラス。
 ただこれだけだが、食べてみると予想以上に風味が変わって箸が進む。
 気がつくと二玉目を茹でていたからおそろしい。
 辛いもの好きな人は、さらに一味などを足してもいいかもしれない。

 しかしこんなんばっかり最近は食べてるから米の消費量が停滞気味で、次くらいはご飯にあうおかずを出したいところ。
 こんな時期なのでうな重などいいなぁ、と思ったりするが、貧乏一人暮らしには高いハードル。

患部:マウス

 「ドラッグ&ドロップとか、範囲選択とかする場合に、なんだか動作がおかしいんだけど、メモリとかヤラれちゃってるんだろうか?」 という相談を受けた。
 今年初めに自分も構築に関わったCore i7マシンなので、格別怪しいものは積んで無いはずなんだがなぁと思い起こしつつ、メモリ買い替えるにしてもi7マシンだとDDR3の3枚組からになってしまうので、金銭的にあまりよろしくない。
 とりあえず次の手順で事態を想定してみた。

 まず、自分がマシン構築に関わった後でSSDを購入・実装してみたという話を聞いており、またその中のデータをさわっているという話だったので、もしかするとプチフリ起きてるんじゃないかと思ってHDDにコピーしたあとで同じ症状が出るか検証してもらったところ、あいかわらず挙動が変だという。
 なのでSSDが原因ではない。

 さらに事情を聴くと、エクスプローラ上でファイルを複数選択する場合でも、あるいはフォトショで範囲選択を行う場合でも生じる現象ということらしくて、しかしブルーバックが出るとかシステムが固まるというわけでもないらしい。
 ということは、広範囲のアプリケーションに作用しつつ、システム根幹にはさほど影響してこないデバイスが原因かと思い付いたところで、もしかしてマウスにガタが来てるんじゃなかろうかと思ったらビンゴ。

 思い起こせば古いマウスを繋いでいたようだったし、どちらかというとホコリっぽい部屋に置いてあった記憶があるので、最初からそこを疑うべきだったのかもしれないが、ともあれメモリ一式換装するよりも安価な出費で済みそうなのでよかった。

綺麗事だなあ

 三宮そごうのすぐ近くで、選挙カーが停まって某政党が街頭演説していたのだが、内容がヒドすぎて話にならない。
 概ね「福祉国家政策を拡充させるぞ!」という内容の演説で、医療費に触れた際に 「イギリスじゃ医療費はタダですよ、それどころか会計カウンターでは交通費支給してもらえるんですよ、実際に見てきました」 って持ち合いに出してきたが、それでかつてイギリスの財政は破綻しており、鉄の女の異名を持つサッチャーさんが 「どけんかせんといかん」 といったかどうかは知らないが、それをバシバシ叩き直した経緯があるのだが、同じようなことをを日本でやれと言うのか。
 そもそも日本と欧州各国じゃ課税率が全然違うし、日本はアメリカとヨーロッパの福祉体制を折衷したような形になってるので税金納めつつ医療費負担がいくらかあるわけで、どっちに傾いても一長一短なのである。 

 それを知ってか知らずか、見ていたおっさんも 「いいぞー!」 なんてヤジを飛ばすもんだから、「あなたは今以上に高額納税を強いられる覚悟があるのか?」 と問いたくなることこの上ない。
 演説中に増税・減税という話は一言も触れられなかったことから、おそらくこうした福祉国家体制の話を持ってくる以上は増税するつもり満々と考えるべきだろう。

 というか、事あるごとに外国の例を持ちあいに出してきて 「日本もこうすべき」 というのはいい加減芸が無い。
 右へ倣えしたがる日本人臭さはよくわかるものの、それで政策アピールの説得力とするには裏付けが弱い。

 こういうのは家電量販店や通販のセールストークと一緒で、美辞麗句が多いなと痛感させられる。
 上に書いたようなことを知らない人がどの程度いるのかわからないが、彼らが本気であの演説を鵜呑みにしていないことを願わずにはいられない。

そうめん

 夏場に食べるそうめんは冷ややかで清涼感があるものの、連日食べるには味気ない。
 チャンプルーにする手段も講じてみたが、思うほどそれも長続きしなかった。
 なにより真夏の暑い部屋でも夕食やら昼食として、涼を感じつつ食べることはできないだろうかと思い、結論的に中華風冷製麺にしてみようという冒険を行ってみたところ、意外とアリだった。

CIMG4480

 ネギ&オクラ盛り盛り。
 普通なら麺つゆで頂くところを、鶏ガラだしの素を水もしくは湯に溶かして塩とか麺つゆをちょっと加えて基本スープとし、それを回しがけたうえにごま油を少々たらして食べる。
即席もいいところだが、調理する際も長いこと火を使わないので、ただでさえ暑い部屋にさらに熱気がこもることが無くて助かる。

return top