アーカイブ ‘ 2009年 7月

ヒジが痛む

昨晩寝ていると、不意に左腕のヒジが成長痛のようなじんわりとした痛みを持つことに気づいて目が覚めた。
 前日の昼頃から軽い違和感を感じることがしばしばあったものの、格別気にするほどでもないと思っていたので予想外。
 ペンを握って文字を書く右腕のヒジが痛むというのならまだ納得しやすいのだが、左腕を酷使した記憶はない。
 大人になって成長痛が出るということも聞かないし、そもそも成長痛は下半身の間接に起こりやすいものだというし、悶絶するほどではないにしても一度気になりだすとそこに集中を奪われる。
 あいにくと湿布の持ち合わせなどがなかったので、その晩は冷凍庫に入っていた保冷剤を氷嚢代わりにして患部をアイシングしてみたが、本試験までこの痛みが粘られると少々困る。

冷やし中華

 ここのところ連日、雨が降りそうで降らなかったり、逆に突然にわか雨に降られたりと、まともに晴れの日が来ないスッキリしない天気が続いているが、おかげでじめじめした空気が不快指数を上げる要因となり、自宅の食事くらいは涼しげなものがいいなぁということで冷やし中華始めてみた。

CIMG4456

 ごまダレ風の麺つゆで頂く。
 ちょうどもらい物のカニ缶があったので、ありがたく使わせてもらった。

 肥満体質というわけではないのだが、モノを食べるとすぐに暑がりになってしまうことが多々あり、こういう時分には余計に汗ばんでしまうので涼しげな食べ物は重宝する。
 ただ麺類では米に比べて亜鉛やミネラルなどの栄養素が欠如しやすいので、やはり偏食は気をつけなければならない。

食べ過ぎ

 ただ座って一日を過ごしていても、体が新陳代謝を行う以上は腹が減るわけであり、何となしに見かけた中華料理屋の表看板に写っていたレバニラが心を惹きつけたので、自宅で夕飯はレバニラにした。
 肝は鶏肝だが。

CIMG4452

 確かいつぞやもレバニラはネタに書いた気がするのだけれど、今回は付け合わせにきゅうりをごま油と柚子胡椒で和えたものもつけてみた。

CIMG4450

 箸休め程度だけど、比較的さわやかな風味で悪くなかった。
 あとはこれらにワカメと刻みネギを入れた中華風スープを合わせて夕飯としたのだが、いくらなんでもレバニラ完食&米2合弱を一人で食べたのは、量的に失敗だったと思う。
 常日頃小食傾向だし、これで肥満体形じゃないからいいものの、別段体を動かしているわけでもないときにモリモリ食べるのはいかがなものかと。
 前日の晩からタレに漬け込んで血生臭さを抜いた鶏肝のレバニラが、予想以上に上出来な味になったことが最大の要因だろう。

 去年の今頃は夏バテしたのか試験前のプレッシャーにやられたのか、今一つ食事が喉を通らない状況だったことを振り返ると、今回はそういう点においては非常に良好な健康状態を維持できていると考えるべきだろう。

更新の危機

 どこぞの誰かさんではないが、ブログエントリーをつづるためのネタに貧窮中。
 なにぶん、試験直前期ともなれば情報収集するためにRSSフィードをチェックして回る時間も惜しい状態で、なおかつ実生活でも机にかじりついてるとか、自習室やコーヒー屋と自宅の間しかウロウロしてないだとかそういう状況なので、ひねり出すにしても残りわずかとなったハミガキ粉のチューブを一生懸命絞っているような心境。

 そもそもそんな余裕もへったくれも無い時期にブログ書いてる場合かと言われそうなものだが、毎日何かを続けるための一種の習慣付けのような行為だと考えている部分があり、なおかつ一度更新休止すると再開するのがダルくなるのが目に見えているので、止めるに止められないところも。

 試験が終わり次第、本を読みふけったりどこかに出かけたり、タイミングが揃えば友人と高校時代の旧友のところに再び顔合わせに行こうという話にもなっているので、それまではいつも以上に見苦しい記事が投稿され続ける可能性が高いが、何卒ご容赦頂きたい。
 解釈にもよるが、「もうコレは書かない方がマシだ」と自己判断した際には期間的に1週間未満の更新休止もありえるが、それでも生きている分には生きているし連絡は受け付けることができるので悪しからず。

 コレだけではあんまりなので、とりあえず今日は小ネタではあるが目下試験が終わって、一度帰省することができた際にはこういうところとかこういう施設とか、ちょっと足を運んでおきたい気配。

 前者は地元の名前を冠している地鶏にもかかわらず、さほどまともに口にした経験がないもので、せっかくだからこういう機会でもないと食べないよなぁと。
 せっかくなのでファミマのチキン、マクドナルドのチキンと比べてみようかと思ったが、さすがにそれは怒られる気がする。

 後者に関しては、悪く言えばどれだけ閑散としているかを、よく言えばどれくらい有閑なのかを確かめたいところ。
 のどかな片田舎にある小ぢんまりとした図書館、と表現してみると割といい印象を思い起こすが、そこで世話になるスタッフのオバちゃん達との会話がモロに方言である現実を加味しただけで一気にそのイメージが瓦解するのは、自分だけだろうか。
 いやしかし現実的な話でいうと、軽く勉強というか資料整理くらいに使える机やスペースが設けてあると、かなり個人的には利用価値を見いだせるというか、助かる。

 こういうふうに他所にいるときに地元に帰った時のことを思い出しておかないと、いざ帰ったりしたときに 「はて、ネタとして取り上げることのできる場所などあっただろうか?」 と健忘症のような有様。
 大概そういう時に限って、神戸に戻ってきた際に 「あー、あの場所を撮影しておけばよかったな」 と思い付いたりする。

 本当は来月初旬に、割と好んで聴いているアマチュアバンドのライブが福岡であったりする予定らしいが、自己採点会も終わらないような試験直後なので間にあいそうにないのが残念。

まだです

 ガッコの自習室で勉強終えて、三宮を徒歩で移動中、センター街あたりで見知らぬおねぇさんに
「すいません、質問を4つほどいいですか!?」
と呼びとめられる。

 「また宗教勧誘とかかなぁ」とは思いつつも、断るのもなんだかアレというか、宗教だったらガチ議論してやるわいなどと考えていると、まず「社会人ですか?」と訊かれた。

 「いいえ、実はまだ専門学生なんです」と回答すると「あー、そうなんですか、すいません社会人の方を対象に聞き込みしてるんで、すいませんでしたー」という流れで終わり。

 何だかこの流れ、ここしばらくで軽く3?4回はそれぞれ違う人から受けてる気がするのだけれど。
 聞き込みしてくる人に申し訳ないというよりも自分に未だ収入がないという意味において、非社会人であることを回答するたびに、心が痛むというか腹に軽くズシリと来ると言うか。
 それともこれは何か、「サッサと試験パスしろよ?」という外圧ですか? それは被害妄想ですか、そうですか。

 冗談はともあれ、アレが実際何の調査なのかは気になるところ。
 ウソついてみるのも一手ではあるけれど、色々な意味でスマートとは言い難いので未だ実行していない。

夏の香

 実家から段ボール箱が送られてきて、中身はなんぞやと思って開けてみると食品諸々。
 その中に今年獲れたばかりだろうと思わしきトウモロコシが2本。

CIMG4442

 その日のうちに圧力鍋で蒸してみた。

CIMG4446

 シャキシャキとした歯応えでしっかりと甘く、「コレこそ夏の味・旬の味」と感じずにはいられないウマさ。

 従姉が実家で取れるトウモロコシが好物で、去年も一人でモリモリ食べていた挙句、その旦那さんに「まだ食うのか…」と呆れられていたことを思い出したが、従姉の気持ちが理解できなくもない。
 ちなみに九州圏内ではトウモロコシを「とうきび」と呼ぶことがあるが、聞くところによると地方によって呼び名は様々らしい。
 かなり前に伝え聞いた話なので詳しくは憶えていないが、いずれも外来の野菜であることに由来する呼び名が多いのだそうだ。

 ついでに、同じく段ボールに入っていたファイトな一本。

CIMG4444

 本試験まであと9日だが、ほのかに背中押しされるようでメンタル的にも元気出る。

尻が痛い

 自宅のデスクで使っている安物椅子が、さすがにそろそろ尻の下になっているウレタンフォームが弾力性を失って固くペシャンコになりつつあり、長時間同じ位置に座り続けると尻が痛い。
 自宅で勉強する際もこのデスクと椅子を使っているので、どうかすると一日中椅子に座りっぱなしという状態なので、そうなるのも道理といえば道理。

 座布団なりクッションなりを買って敷こうかと思ったのだが、偏屈&頑固なので在宅中にクーラーを動かすことはまず無く、窓を開けているとはいえそこそこの暑さの中で座り続けると尻の下が汗ばんでくるわけで、そういう状態で座布団などを敷くというのもあまり賢い判断ではないかなと思い、ためらっているところ。

 円座の座布団なら少しはマシだろうかと思ったが、アレ使っていると、いわゆる痔のイメージがぬぐえないので、それも購入を見送っている理由の一つ(偏見)。

 椅子もそうなんだけれど、部屋掃除がしたくなったりアイロンがけに気を取られたり、大事な試験やプレゼンの前に自宅で作業すると細かいことが気になる罠。
 もうちょっと集中しろ自分(   `・ω・)

相変わらず遠め

今年度の税理士試験まで2週間切ってるわけだが、大阪府の今年の試験会場は大阪学院大学。
 去年の会場は大阪産業大学で、自宅を午前6時台に出てもギリギリ間に合うかどうかという危うい遠さだったわけだが、今年も去年よりはマシとはいえ、やや遠い気配。
 前もってルートや時間などを練ってから見知らぬ土地には出かけたい人間なので、Googleマップで場所と最寄駅からのルートを検索したところ、試験時間(8:45着席、9:00試験開始)に余裕を持って8時前後に到着するためには、やっぱり6時台に家を出なければならないのは確実なようで。(検索結果
 試験に挑むための体力とか精神力を温存しておく上でも、時間帯的に通勤・通学の混雑に巻き込まれたくないところだが、この際ある程度は腹をくくるしかなさそうな気がするなぁコレ。

ベランダ蹂躙

 アパートの下の階のベランダが気付いたらこんな状態。

CIMG4441

 もはや語るまい。

セラミックボールペン

 献血をして頂戴したボールペンがあったのだが、なんだか一見して100均で売ってそうな外観だったし、今使っているゲルインキボールペンの書き味もそこそこいいのでそのまま自宅に放置していた。
 たまたま何のことは無く、ちょっとしたことをメモするために手の届く距離にあったそのボールペンを使ってみたら、安っぽい外観の割にやけにインクのノリと書き味がいいのでどうしたことかと思い、ふと調べてみると1本735円もする、京セラのボールペンだった。

 通常のボールペンと違い、ペン先のボールが金属球ではなく、細かな凹凸のあるセラミックボールなのでインクの付きや書き味がいいらしい。
 デザイン的にも個性的なステーショナリーが多く出ている中、この製品は見た目で大きく損している気がする。

return top