アーカイブ ‘ 2009年 5月

どう普及させるか

 またまたローカルネタで恐縮だが、佐賀県のブロードバンド世帯カバー率が、九州では一番早く100%に到達したとのこと
 サービス加入率についてはあまりふるわない状況だが、情報インフラ整備に意欲を示したのは、ITフリークとしては素直にうれしいところ。
 驚くべきことに、山間部に光ファイバー敷設が決まったりしていて、一昔前に「ウチのようなド田舎には高速回線なんて縁のない話」と思っていた頃が申し訳ない。

 県庁の採用試験に挑んでいるという友人とこの話をしていたら、実はこの計画を推し進めたのは他でもない、佐賀県知事の古川康氏だという。
 なんでも知事は「IT化による新規事業の創出」を施策に挙げているらしく、その布石ということだろう。
 いまどきe-taxなどの電子申告は珍しくないこととなってきているが、おそらくはそういうことをさらに活用した情報処理を行政手続き内にも組み込もうと考えているのだろう。

 若い人にはなんてことのない、むしろ手間が省けてありがたい施策だが、問題はIT概念に疎い人々がそれを活用できるかということにある。
 たとえば高齢者などがこれに該当しやすいわけだが、平成19年のデータによると、佐賀県の高齢者割合は23.6%で、全国順位では平均的ともいえる24番目の位置についている。
 かなり乱暴にみれば、4?5人いれば1人は高齢者ということで、失礼だが仮に高齢者がITには疎いと仮定した場合には同じ割合で情報処理技術を活用できない可能性がある。

 軽トラぶんぶん乗り回すオッちゃんでもPCや電子申告はサッパリ、なんてことが珍しくないわけで、もし業務効率化や住民サービスの向上に向けてITと市民を結び付けるようにするならば、そうした面に配慮する必要があると思う。
 例えば情報端末を設置するなどであれば、少なくともその操作性は銀行ATM並みでなければ、慣れない人は倦厭してしまうだろう。

29度

 今日の九州北部も大変よい天気で、新聞の天気予報欄には最高気温予想が29℃とか平然と書かれちゃったりしていた。
 日陰はマシなのだが、日のあたる場所に出ると、もう夏かといわんばかりに陽が肌を刺す。

 本日神戸にもどったわけだが、やはりこちらはさほどでもなく、北海道までいけばまだ寒いらしく、かといって沖縄辺りになればもうしばらくの後には海開きがあったりするわけで、日本列島おそるべし。

茶の味

 弟の本棚に珍しく、CD以外に映画のDVDが1本並べてあったので、手にとって尋ねてみると「ダラダラ見るのに丁度いい面白さ」らしい。
 そのタイトルを『茶の味』という。
 常日頃映画のことなど口にしない男が面白いというので、興味をそそられて見てみた。

 なんというか、確かにダラダラ見るのに丁度いい。
 肩の力を抜いて、菓子でもつまみつつ茶をすすりながら見るべき。
 構えると逆に面白くないカンジ。

 というのも、作中にあらすじと言えるあらすじが存在しないから。
 ボケ満載で落とし所のない漫才のような空気が2時間近く続くので、肌に合わない人は全く合わないだろう。
 脱力系な映画だけど、何気にキャストは結構なメンツが揃っているのがスゴい。
 なにせ、「裸になって何が悪い」という男がワンシーンのチョイ役なくらい。

 実はこの『茶の味』とあわせて、今頃になって『秒速5センチメートル』を薦められて見てみたのだが、こっちはこっちで鬱にこそならないものの、せつないカンジが。
 こちらの作品で一番言えることは、あそこで山崎まさよしの『One more time,One more chance』は反則です。

お持ち帰り & おまけ

 陶器市で買ったものを撮り損ねていたが、フリーカップといくつかと、どんぶりを1つ、それとこのネコ。

CIMG4230

CIMG4228

 ゴロリと仰向けになって、「腹撫でれ」とばかりにひっくり返っている。
 昨日取り上げたところで売られていた一体。
 母親が気に入って、自分がそれに同意して、結局お持ち帰りになった。

 ちなみに、全然関係なくなるが、駐車場の近辺で寝てた犬がもそもそ起きたと思ったら、ものすごく眠たそうな眼だったので一枚。

CIMG4176

有田陶器市 vol.3

 またまた陶器市レポ。
 普通に自分の好みに合いそうな茶碗や湯飲みを見て回っても面白いのだけれど、ぬいぐるみ的な可愛らしさを持った焼き物もあって、かなり楽しい。

CIMG4203

CIMG4204

CIMG4205

 これらの作品を作っているところは、写真などを送れば依頼主のペットもこうして作ってくれるらしい。

CIMG4208

 この方とは別のところでも、またモフモフしたくなるような動物たちが。

CIMG4210

CIMG4214

CIMG4217

CIMG4215

 最後の3匹の犬は見上げている構図のためか、連れ帰りたくて仕方なかった。

有田陶器市 vol.2

 昨日に続いて陶器市の話題。
 焼き物といってもいろいろあるわけで食器はもちろん、香炉や置物も盛りだくさん。
 珍しいところでは、焼き物のマウスパッド。

CIMG4199

 光学式マウスでも使えるのかな、コレ。

 他には洗面台に置きたくなるような歯ブラシ立てとかも。

CIMG4194

 魚拓とれるんじゃなかろうかというような工芸的な魚があるかと思いきや、

CIMG4193

 それと対照的に愛嬌ある魚の置物もあったり。

CIMG4188

 商品ではなかったけれど、店舗の前には招き猫を置いてるところも多かった。

CIMG4177

CIMG4197

有田陶器市 vol.1

 佐賀には有田・伊万里・唐津といった地域で焼き物(磁器・陶器)の窯元がいくつもあるわけだが、先日それらを一度に拝める有田陶器市に出かけてきた。

 JR有田駅周辺が結構な規模で歩行者天国となり、歩いて回るにも休憩所が必要なほど。
 焼き物が好きな人には眺めて買いまわるだけで一日が潰せてしまう。

CIMG4180

CIMG4181

 どこを見ても焼き物ばかり。
 飲食店や、茶を出してくれるところもあるが、9割焼き物。

 猛者になるとダンボール数箱分を買いまわっているようで、荷押し車で持ち帰っている姿も見られた。
 「どんだけ軍資金持ってきているのか」と言いたくなる様子だが、実はそれだけ買っても不思議じゃない価格設定があったりする。

CIMG4183

 奥の茶碗50円、手前の箸置き50円。
 もちろんビックリするような高価な焼き物もあるわけだが、結構こういう安価なものも多い。
 極めつけは焼き物の袋詰め。

CIMG4191

CIMG4192

 100円均一に行くのがバカらしいくらいに、立派な食器が普通に安く入手できる。

栗の花

 タケノコの旬をわずかに過ぎたこの時期、窓を開けて車を走らせているとどこからか青臭い、青草を刈ったような、あるいはタケノコのアク抜きをしているときのような匂いがする。
 毎度毎度、この匂いを感じるたびに、春と夏の境を実感するのだが、その匂いの源泉が何なのかは知らなかった。

 今日も移動中に同じような匂いがしたのでそういうことをポロリと漏らしたら、同乗していた親族がコレは栗の花の匂いだと教えてくれた。
 匂いに敏感な人は頭が痛くなりそうな、決していい匂いとは言いにくいものなのだけれど、それこそ青草やタケノコと同じで、春の匂いなのかなぁと思っている。

タダより高いものはない?

 Googleのウェブサービスは非常に重宝して使用させてもらっている。
 なんといっても無料だし、機能性も悪くないし、一つのアカウントで大概まかなえてしまうからだ。
 でもストリートビューなどでプライバシー問題が騒がれるように、全面的に許容されるわけではないようだ。

 アメリカのセキュリティカンファレンスで、マイクロソフトとGoogle、どちらが黒いかというニュアンスの講演があった模様。
 Googleはサービス使用者から直接対価を得るのではなくて、そのほかから収入を確保することで事業を成り立たせる、いわばWeb2.0的なビジネススタイルをとっているわけだが、ではサービスを享受している人間が、果たして何の対価も払っていないのかというとそういうわけではなさそうだ。

 というのも、Googleのサービスを利用すると少なからず個人情報が露呈する。
 検索エンジンを利用すれば、そのユーザーが何を求め、どんな情報に偏向しているかがわかるし、Gmailに及んではプライベートな情報が含まれる可能性が非常に高い。
 Google自身はそこに人為的介入を行わないことをポリシーとして公表しているが、それが不可能ではないわけで。

 ちょっと扇動的な言い方をするなら、Googleのビジネスモデルというのは、ユーザーの個人情報を資本として成り立っているのではないかと。
 ユーザーは金銭授受はおこなっていないけれども、情報提供者としての役割は確実に果たしているよなぁと思う昨今である。

どっちもどっち

 二十歳を越えてから体重5kgの減少は、かえって死亡リスクが高まるという記事を発見。
 一人暮らしをしているときと実家にいるときでは体重の増減が明らかに違うので、そういうふうなデータを提示されるとちょっと気持ちのいいものではない。

 かとおもえば、ラジオを聴いていたら、肥満はその食糧消費や移動手段に用いる燃料・エネルギーの消費が大きくなるので、結果的に地球温暖化を招く、とかいう話もチラっとでて来た。
 以前の記事にも書いたが、「検索エンジンの利用が地球温暖化に及ぼす影響」の議論くらい脈絡が無くて苦笑せざるをえない。
 こういうとき、逆に痩せるため、またそれを維持するために排出される温室効果ガスのデータは出されないから、余計に納得しづらい。

 ちなみに温暖化については前々から懐疑論が出ていて、今も「むしろ21世紀には寒冷化する」という論さえ唱えられているらしい。
 実際、試算がかなりあいまいな基準だったり、データに偏向があったりするのだそうだ。

 自分はローレル指数上では、肥満具合は通常の範囲内だが、太るとすぐに顔が丸くなるためわかりやすく、カロリー計算をするほどではないもの、少し気になったりする。

return top