アーカイブ ‘ 2008年 8月

送り状は印刷すればいい

先日友人宅を掃除したことにきっかけを得て、我がアパートでも使わなくなった大学のテキストなどの一部を、自宅に郵送するなり廃棄するなりすることにした。

2?3冊程度なら、帰省するときにでもカバンに詰め込めばいいのだが、紙という素材は結構な質量であることから、それ以上になってくるとシンドい。
かつて一度だけその失態を犯したことから学習した。

車があれば荷物を積んで営業所なり集積所なりに持っていくことができるのだが、原付では無理がある。
そこで帰省前によくお世話になるのがヤマト運輸のWebサービス。
基本的に会員登録が必要だが、ログインしてしまえば再配達の依頼やら集荷依頼やらがWebからできる。
また手元に送り状を持っていなくても、集荷依頼をするときに送り状をもってきてもらうこともできるし、そうでなくても送り状をプリンタで印刷することもできる。
ただし、集荷に来てもらう場合には、基本的には荷物のサイズと重さを把握しておく必要がある。

発つ鳥跡を濁さず

先日、ゆえあって友人宅に宿泊。
夜からお邪魔して、さらに翌日の夜中くらいまで居座らせてもらったのだが、どういうわけか日中に友人の部屋の掃除をすることに。

デスクの引き出しからひっくり返し、必要無いもの・1年以上使用しておらず今後いつ使うかの予定もわからないものは廃棄しようと提案し、目につくものは片っ端から選別にかけた。

さすがに廃棄すべき紙資源の多いこと多いこと。
加えて難儀なのが、裸状態のCD。
レーベルがハッキリしているものはまだいい方で、生ROMに焼かれたものでタイトルも何も書かれていないCDはひたすらデッキに叩き込む。
さしずめ、イントロクイズの要領となった。

MDも結構な枚数があったのだが、デッキ不調につき、選別できず。
所有者である友人の裁量に基づき、ケースだけすべて廃棄することになった。

CIMG2320

自分のアパートも同じように必要無いものは廃棄するなり、梱包して実家に送付するなりしなければならないなと思い至った次第。
盆休みに帰省する前に、一度検討せねば。

Perfect Promotion

毎年楽しみにしているPerfect Promotion(以下PP)が今年も開催され、昨日の時点で作品応募の締め切りとなった。
Flash職人の「作りたい映像を作る」という真面目な遊び心がよく伝わるイベントの一つだと思っている。
おかげで毎回1つくらいはブックマークしたり、ローカルに保存してちょくちょく眺めたりしたくなる作品も出てくる。

Youtubeやニコニコ動画などの動画共有サイトがだいぶユーザーの間に浸透したことで、Flashによる映像表現というのは黄金期を過ぎた空気がある。
とはいうものの、年末の紅白Flash合戦はもう定番ともいえるイベントだし、も例年通り盛況だったようで、PPもそんな中の一つかなと思ったり。

ちなみに私見だが、Flash全盛期はスキマ産業氏によるnum1000リミックスが派生した前後じゃないだろうかと考えている。

紳士のスポーツ

何の脈絡もなく、友人に拉致されてゴルフの打ちっぱなしに連れて行かれた。

CIMG2307 

さすが大学生。
平日の昼間からこんなことができるとは。
しかしそれ以前にゴルフ経験皆無なので、とりあえず友人のレクチャーを受けつつバシバシ慣らしてみることに。

CIMG2314

当たり所が悪く、手がしびれ放題。
運動音痴にもほどがあるというもの。
100球ないくらいをそれぞれ打ち、それで各人1000円くらいなのか。

CIMG2319

return top