アーカイブ ‘ 2008年 8月

更新停止中

現在実家帰省中だが、ここ数日の雷雨がもたらした雷撃でモデムかルータが天に召されてしまったようで、連続更新ストップ中。
復旧の目処も立っていないため、最悪の場合は来月頭まで休止。

ブルーベリー

実家の畑にブルーベリーが植えてあることを初めて知り、最近植えたものらしく、どのようなものか見てきた。

CIMG2480

さすがにそう大きくなってはいないが、しっかりと実はなっている。

CIMG2482

2本のブルーベリーの木から、とりあえず取れるだけちぎってみたところ、それなりの量が確保できた。

CIMG2483

何に調理するわけでもないというのでそのまま食べてみたが、野いちごのような味。
聞くところによると、これを焼酎に漬ける人もいるようで。

試験会場

去る8月5日に税理士試験の簿記論と財務諸表論を大阪会場で受験してきたわけだが、会場は大阪産業大学。
最寄り駅はJR野崎駅である。

CIMG2353

神戸を7時前に出たにもかかわらず、会場に到着したのは試験開始時間である9:00ちょっと前という、割と遠い距離。
阪急で梅田まで行き、そこからJR大阪環状線に乗り換え京橋で下車、そこから再び乗り換えて野崎駅へと向かうのだが、徐々に郊外らしい方向になっていくため、本当にこちらで大丈夫なのかという不安が湧いたが、野崎で降りると駅員が拡声器で大阪産業大学は駅を出て右であるという旨をアナウンスしているため、そこでようやく間違いないことを確認した。
夏の暑いさなかだが、大阪産業大学は駅から徒歩15分前後はかかる。

CIMG2341

CIMG2347

CIMG2342

試験とは何の関係も無いのだが、私立大学だなぁと思わせる箇所が所々に。

CIMG2348

CIMG2349

試験は受験者数が多いため、施設内の複数の部屋を使って行われる。

CIMG2346

受験番号をざっと数えるだけでも、結構な人数がこの会場だけでも受験することがわかる。
このような状況であるため、帰りには駅の改札が混雑するため、あらかじめ来たときに帰りの分の切符を買っておくことでスムーズに改札をくぐれる。

CIMG2354

老若男女、あらゆる人が受験する国家試験だったが、受けてみることで越えるべきハードルの高さを多少把握できたような気がする。

収穫

今年から実家のほうでは苦瓜を作り始めたようで、それがどのようなものか、収穫もかねて見てきた。

CIMG2458

CIMG2460

加えて夏野菜の顔の一つであるカボチャも程よく。

CIMG2463

さらに、ちょっと早いかとおもって見に行ったミョウガも、思いの他芽吹いていた。

CIMG2468

真ん中の白い花がミョウガ。
地面から摘み取って見るとわかる。

CIMG2469

CIMG2467

らららラーメン

割と地方紙にもよく広告が出ているラーメン店、らららラーメンで昼食を取ってきた。
チェーン店で、佐賀市周辺の場合には駅前北口とゆめタウンの敷地内に店舗がある。

CIMG2441

昼食時限定のセットメニューがあったので、それにしてみた。

CIMG2440

600円といえば、関西(少なくとも神戸近郊)ではプレーンなラーメン1杯分の値段である。
少なくとも600円でセットメニューは頼めない。
九州では概ね500円前後が相場であることを考えると、やはりラーメン好きにはありがたい風土といわざるを得ない。

CIMG2443

実にオーソドックスなとんこつラーメン。
九州のラーメンという感じで、なかなかスープもまろやか。
にんにくやこしょう、紅しょうがなどはお好みで。
なお、替え玉は150円。

粋なことに、スープまで飲み干すと器の底に「感謝」の文字。

CIMG2444

中型自動車免許に刷新

今期帰省した最大の目的である運転免許の更新に行ってきた。
法改正によって運転免許が普通・中型・大型の3つの車両区分になったことで、これまで普通免許と呼ばれるものを取得していた場合には、今後の更新によって(限定的)中型車両免許保有者となる。

兎にも角にも、今まで指名手配犯のような免許の写真だったものが、今回の更新で少しはマシな顔のものになり、また点数もリセットされてスッキリ。
ただ、空調の効きすぎた部屋で2時間も講習を聞かされるのはいかがなものかと。
受付のところには「省エネのため軽装、ノーネクタイで失礼します」というような旨の掲示がしてあったのだが、この効き具合ならさして変わらないような気がした。

そして、更新後は地元佐賀の血液センターで定例行事となった献血。

CIMG2410 

CIMG2412

待ち時間がほとんど無いのは個人的にはスムーズで悪くないことだが、医療的にはなんともいえないところ。
最近はいつも神戸で成分献血しかしていなかったので、今回は400mlの全献血でお願いした。
これまたいつになく速いペースで採血が進んで、いつも1時間足らず針を刺しっぱなしだった成分献血に比べると、あれよあれよというまに終わってしまった。

各自治体ごとに赤十字の活動が異なってくるためか、神戸では採血室まで飲み物の持ち込みはOKなのだが、佐賀はダメ。
また神戸はポイントカード制で記念品がもらえるのに対して、佐賀は採血ごとにいくつかの粗品を選ぶことができる。
覚えている限りでは洗剤、お菓子詰め合わせ、ドリップコーヒーパック詰め合わせなどのなかから1つを採血前に選べた。
一昔前は図書カードや音楽ギフトカードや映画館の割引券などがついてきたものだが、今は金券はアウトということになっているのだろう。

今回400ml抜いたので、次回の献血は3ヵ月後の11月から。
うだるような暑さの時期がとっくに終わって、肌寒くなる季節か。

世間は狭い

地元に帰省してきて、とりあえず野暮用として散髪したり免許の更新に行ったり、それと同時に金融機関への払い込みを行う必要があったので、指定銀行である三井住友銀行の窓口まで行ってきた。
とりあえずもうまもなく15時になって窓口業務が終わってしまうと急いでいたので、「さてさて払い込み窓口はどこだろうか」と案内表示ばかりを見ており、またタイミングよく待ち人数もいないことを確認して窓口に払込用紙を「お願いします」と差し出したところ、当の銀行員はなにやら笑顔で小さく手を振る仕草。
胸には「研修中」の印が張ってあって、隣には上司らしき人がいて、窓口に立つ自分の後ろはブラインドカーテンでさえぎってあるから窓の外に手を振っているわけではないらしい。
ということを1秒に満たない時間の中で認識した後で、ようやくその顔が、同じ高校と福岡の専門学校を通った人のものであることを知覚した。

向こうは仕事中。
しかも上司が隣にいるとあってはこちらから業務を阻害してまで話を振るわけにもいくまいと思って、それぞれがニヤニヤしつつ銀行員と客の普通のやり取りを他人行儀に行う。
上司の人が離れた時に、軽く二言三言しゃべりはしたが、それだけで、なんだか一種のロールプレイみたいだなという錯覚に陥った。

専門学校から、自分と同じように大学へ編入したのは知っていたし、金融機関に就職が決まったという話も耳にはしていたのだが、専門学校を出てからは全く連絡も取っていなかったので、どこにいるのかも知らなかったのだが、まさかこのような形で遭遇するとは夢にも思わず。

とりあえずせっかくだったので、こっちにいる間に他の地元仲間とも連絡を取ってみて、ご飯なり呑みなりに行こうと、その後でメールだけしておいた。

以前、ネットで知り合った地元の人の家を訪ねてみたら、その方の母親が自分の母親の仕事仲間だったということもあった。
意外と自分が思っているほど、世間は広くないのかもしれない。

続きを読む

三九

佐賀玉屋の南館から、道路1本はさんだ向かい側にある中華そばやに入ってみた。


大きな地図で見る

CIMG2374

既に昼食時は過ぎており、お客は自分くらいなもの。

CIMG2371

写真向かって左の壁に掛けてあった。

CIMG2370

残したら嫌な顔されるんだろうかなどと思ったり。
そしてこちらが肝心のラーメン。

CIMG2373

意外とさっぱり薄味。
麺はこのあたりではやや太め。
個人的にはラーメンというか、確かに中華そばかなという印象。
マズくはないけれども、際立っておいしいというわけでもなかった。
それでもやはりポリシーとして、スープまできっちり頂きました。

休刊日のお知らせ(?)

今日の記事はお休み。
なぜなら今から新幹線で西の方へ移動するから。
避暑地と称して帰省。
とはいえさすがに何もないのはアレなので、実家で時間が空いたら何か書きます。

続きを読む

今年一番の大勝負

今日は税理士試験の日というわけで、朝もはよから電車に揺られ、野崎まで。
会場に行くだけで疲弊しそうな道程。
なかなか状況は芳しくないが、ともあれ尽力する所存。
もぎ取りに行くから、首洗って待っていろ、メシの種。

return top