アーカイブ ‘ 2008年 6月

環境音楽

夜中に気合を込めるためにテンション上がるBGMもそれはそれで悪くないことだが、そうそう毎日上がり調子なバイオリズムでもないわけで。
ゆっくり落ち着きたいときは昼間にもあり、そんな時に耳寂しい場合にはスムーズジャズをネットラジオで垂れ流すこともあるのだが、もっとBGMをBGMと意識しないでおきたいときなどには環境音楽(アンビエント)をかけることが多い。

殊更、ヘビーローテーションさせるのはkt2氏によるサウンドが多い。
そこはかとなく暗いテイストで、ダウナーな時に聴くとドツボにハマりそうな音だが、それが沈み込むように心地よい。

続きを読む

IDとパスワード管理

インターネット上で特定サービスを利用するためにはIDとパスワードの入力が必要となることが多い。
しかもどのサービスでも同じIDとパスならさほど苦労はしないかもしれないが、生憎とそう都合よく使いまわせている人は少ないのではないだろうか。
よくモニター脇にポストイットに記入したIDとパスを張っている人を見かけるが、セキュリティの面からすると大変よろしくない。

Firefoxには標準で各種ウェブサイトに入力したパスワードを記憶し、入力の手間を省くシステムが組み込まれているが、それにマスターパスワードと呼ばれる一元的に管理するためのパスを設定することで、1つのパスワードで複数のサイトのIDとパスを管理することができる。
手順としては「ツール」から「オプション」を開き、「セキュリティ」のタブを選択したら次の2つにチェックを入れる。

Image8

これでID・パスを必要とするサイトにアクセスするとマスターパスワードを要求してくるようになる。

この機能を拡充したFirefoxアドオンの一つにSxipperがある。
これを使えばID・パスのフォームへの自動入力はもちろん、その後のログインまで自動で行い、また設定を行うことでメールアドレスや住所なども自動記入してくれるようになる。
ただしこのアドオンは英語で記述されているので注意。

ここまでブラウザ上でIDとパスを管理する手段を挙げてきたが、ブラウザの設定は(一部のアプリケーションを用いない限り)外部へ持ち出すことは困難だし、出先の端末を利用していてIDを忘れてしまったということも十分考えられる。
そういう時はID Managerというアプリケーションを愛用している。
これに類似したアプリケーションはいくらでもあるが、いくつか利用してみてコレが一番使い勝手がよかった。
動作が機敏だし、データが軽量なのでフラッシュメモリに入れて持ち歩くことができる。
バックアップも取りやすく、必要とあらば表形式でエクスポートできるため印刷して保管しておくこともしやすい。

インターネット上で使えるサービスがかなり増えたのは素直にうれしいが、その対価としてセキュリティに配慮したIDとパスに悩まされるくらいはガマンしなければ。

Windows Live Writer

ブログの一つの利点は、インターネット接続端末さえあれば基本的には管理ページにアクセスするだけで同一のインターフェースで編集できるということにあると思うが、いかんせん画像を多く扱おうとするとWebアプリケーションによる編集ではちょっと不便を感じることがある。

自分はこのブログに記事を投稿する際にはWindows Live Writerというアプリケーションを利用している。
マイクロソフトが提供するWindows Liveアプリケーションの一つで、ワード感覚でブログエントリが編集できるのが特徴。

いくつかのブログでは対応しない機能があったり、一度ローカルに保存したものを読み込んでも画像が表示されないなど、使いこなすにはちょっとしたコツや慣れが必要かもしれないが、いちいちブログに画像を掲載するのにアップロード手順が煩わしいと感じていた人にはなかなかお勧めできるソフトではないかと思っている。

一部改築完了

昨年度末から神戸大学の国際文化学部の入っている鶴甲キャンパスの耐震改修工事が行なわれていたが、その後を確認していなかったのでどんなものかと拝みに行ってみた。

新鶴甲キャンパス

おぉ、外壁から綺麗になっている。
そもそも学食(1階部分)が拡充されている。
さすがにこの近辺で基礎教養科目も開かれるため、昼時には凄まじい混雑具合だったことを考慮すれば然るべき措置と言える。
それまでなかったエレベータが取り付けられたのも目を引くところ。

写真右に写っている階段脇にセブンイレブンの看板があり、工学部の方には以前から入っていたが、こちらでも営業開始した模様。
先述の階段をのぼって、建物内に侵入し、左手に見えてくる。

セブンイレブン

社会科学系の学部のある六甲キャンパスに入るのはいつだろうか。
なお、このセブンイレブン内にATMがあるためなのか、かつて学食の外にあった郵便局ATMが見当たらなくなっていた。
郵便貯金常用者としては、コンビニで引き下ろすと手数料がネックになるのだが。

ブリのあら

食料品店でもっともよく見かける魚のあらと言えば、ブリやサケだと思う。
それに本来食べる部分は少ないため、安価である。
今回も例に漏れず、ブリのあらを安く入手してきた。

CIMG2037

いつも自分は味噌汁にして食べることが多いのだけれど、今回は違った食べ方をしてみようということで、一緒に買ってきた豆腐と煮付けてみた。

CIMG2038

やっぱり煮付けはできたすぐよりも、一晩くらいたったモノの方が味が染みておいしいと思う。

うまかっちゃん

月に1度くらいのペースで、実家から米などの物資が届けられるようになっているのだが、ある時に入っていたインスタントラーメン。

CIMG1903

製造元はハウス食品で、九州では知らない人はいないであろう商品。
ちなみに商品名である「うまかっちゃん」とは、九州の方言で「うまいんだコレが」というようなニュアンスを含んだ言葉である。

本来カップラーメンはもとより、インスタントラーメンを常用的に食べることはないのだが、少し夜中に小腹が減った時になどにこういったものがあると、ついつい食べてしまったりする。

レバニラ

昨日のかき揚げに使ったニラだが、実は安値で大目に仕入れてきていたためにそれだけでは消費し尽くすことができなかった。
そこで白ご飯がサクサク進みつつ、体がだるい時には欠かせない鉄分を摂取できるレバニラを作ってみることに。

なお、使うレバーは鶏肝。
理由は勿論安いから。
前もってしょうゆや酒などを合わせたものにつけておくと、他に余計な調味料を加えなくてもしっかり味がしてウマい。

CIMG2029

片手間で電話しながらだったから、少し焼けすぎたりしているけれど、(゚ε゚)キニシナイ!!
これだけ作って、材料費としては大体200円前後なのかな。

レモンがいいらしい

ごぼうが2本100円と安かったので、買ってきた当日はごぼう天うどんにして食べたのだが、それだけでは2本すべて消費することはできない。
そこで、かき揚げにして食すことにした。

今までずっと天ぷらやかき揚げをサクサク・カラリと揚げるのは苦手だったのだが、マヨネーズを加えるとサックリ揚がりやすいという情報を入手。
さらに後々それをもう少し詳しく尋ねてみると、どうもレモン果汁のせいでそうなるのではないかという話。
料理は化学だなぁ。

CIMG2033

いざ実践して揚げてみた。
IHだと火加減が保ちやすくて助かる。

CIMG2035

ごぼうとにんじんとニラのかき揚げ。
一人暮らしなので、揚げたそばからすぐ食らいつく。
確かにサックリ…。
今後は覚えておこう、天ぷらには必要な知識のようだ。

須磨海岸

神戸に来て、ハーバーランドのような場所から海を眺めることはあったが、浜と呼べる場所には行ったことがなかったので、友人に須磨海岸まで案内してもらった。
なお、日もとっぷりと暮れてからのことなので、あまり撮影することはできなかったので悪しからず。


大きな地図で見る

三宮よりも西にある、JR須磨駅を降りると、すぐに浜が見えてくる。
来るべき時期に備えて、海の家が設置作業中だった。
気の早いことに、すでに花火を楽しんでいる人もちらほら見受けられた。

浜からは明石海峡大橋を含めて、淡路の光がほのかに見える。

CIMG2023

こうした状況下、自分と友人はここまでの道中で購入したアルコールと惣菜を消費するという風流と言えなくもないような行動に出ていたわけで。
しかしコレはコレで悪くないなと思いつつ、こうした思い付きの企画に勢いで誘ってくれる友人に感謝。

「これ以上簡単なお菓子はない。しかもウマイ」らしい

さすがは「今夜のおかずからハッキングまで」と謳われる悪名高き2ちゃんねる。
特に各種まとめサイトやピックアップサイトは重宝するもので、このFC2ブログにもいくつかそういったブログが存在する。

そのなかから、記事にタイトルにも挙がっているようなスレッドのコピペを発見
確かに書かれていることはシンプルな手順なのだが、果たして味の想像がつくかというと何とも言えないものが多々ある。
だけれどレスを読む限りではなかなかいい評価を得ているところを見ると、それなりに食えるのだろう。
貧相な器具しかない安アパートでも安価でできそうなものがあったらトライしてみようかと画策中。

return top