アーカイブ ‘ 2008年 2月

バッテリー

現在多くのモバイル機器に使われているバッテリーだが、自分の場合は使い方があまりよろしくないのか、所持しているリチウムイオンバッテリーの殆どが膨らむ。
今一番あからさまに症状が出ているのは携帯電話のバッテリー。

bat2

bat

貼ってあるシールはこの携帯電話を買った店。
実家に帰った時に購入しているので、吉野ヶ里とか書かれているけれど、これで自分が相当な田舎者である事が分かる人には分かっていただける事だろう。

光沢で判断するとわかるが、ふっくらしている。
もちろん、本当は平たいのが正常な状態。
今まで使ってきた携帯電話が基本的にこの症状を起こしていたので、これはバッテリの経年劣化によるものでやむを得ないものと思っていたら、友人達はこれほどひどく膨らまない様子。
一般的には過充電が原因といわれている症状だが、どちらにしてももう寿命が近いことも明らか。
必要とあらば、バッテリー交換か機種の買い増しという事も検討しなければならない。

出尽くした感のあるジンギスカン

ひとむかしまえに一度見てからすっかり忘れていたのだが、なぜか突如として最近思い起こして衝動的に見たくなったFlashがコチラ
リズム感たっぷりで、何回か聴きたくなる。

ちょっとヘビーでコアなインターネットユーザーなら、ジンギスカンといえばこのFlashだろうと言われるかもしれないけど。

ペンケース

学生と言う身分である以上、大概持ち運ぶ荷物のなかに筆記具は毎回入っている。
ちょっと前までは100円均一のペンケースでも全然使えれば問題無いとか思っていたのだけれど、文具店で見つけて惚れたペンケースがコレ。

CIMG0731 

開けるとこうなる。

CIMG0732

CIMG0728

正直、どーでもいいとか思われるかもしれないけど、最初にこれを見つけたときは画期的とすら思ってしまった。
ペンを複数使って筆記しているとデスクの上にペンが何本か散乱して、サッと書きたいときなのに必要なペンを探したりとか、うっかりすると落としてしまうということも多々あったが、これにしてからは逐一ケースに差し戻すことも苦にならないので、すっきりする。
また従来のペンケースだと、底の方にあるペンを探し出す、掘り出すという作業がたまにあったが、これだと引き抜くだけでいい。
このペンケースで大体600円前後だったろうか。

たまにこういう面白いものが出てくるから、文具店は眺めに行くだけでもちょっとした退屈しのぎになって、嫌いじゃない。

探してみればいい

たまに知人・友人から「かくかくしかじかということをしたいのだけれども、そういうソフトウェアはないのか」ということを尋ねられることがあるので、ちょっとここらでオススメのウェブサイトを紹介しておく。
といっても有名所ばかりしか列挙しないのだけれども。

Vecter
有料・無料ともに、結構な数のソフトウェアを検索できる。
ページ下の「カテゴリーから選ぶ」より探し出していくと分かるが、かなり細かい分類もされており、大抵のものは見つかる。
たまに口頭で紹介する時に、ビクターとベクターをごっちゃにして発言したくなるのは自分だけではないはず。

窓の杜
「まどのもり」と読む。
毎日特徴的なアプリケーションが紹介されており、メールマガジンを購読するとその日の記事が分かる。
ソフトウェアライブラリには、ある意味定番ともいえるソフトが揃っている。

COW&SCORION
基本的に海外のフリーウェアを集めたサイト。
日本ではあまり見かけないような、ちょっとニッチな需要のソフトもここなら見つかることもある。
質の高いものが多い。
もちろん、ソフトウェア自体英語のインターフェースであることが多いので、注意。

Firefox ver3

Firefoxのバージョン3がリリースされているとは聞いていたが、β版であるために手をつけておらず、しかしちょっと興味がわいたので導入するだけしてみるかと思ってインストールしてみた。
さすがにアドオンのほとんどが対応しておらず、ほぼプレーンなFirefoxを久々に扱っている気がする。
アドオンも少ないせいか、確かにページのレンダリングは以前よりも早い気がする。
起動も心なしか早くなったか。
Firefoxは自分仕様にカスタマイズしやすいのが利点だけど、あまりにゴテゴテ追加機能を導入しすぎると、起動が遅くなったり、そうでなくてももともとシステムリソースを食いやすいブラウザだから、今回のバージョンで消費メモリの改善がなされたことなどは素直にユーザーとしては喜ばしいこと。
新しい機能の半分もまだ活用していないけれど、これは正式なリリースが楽しみ。
βバージョンのダウンロードはここから。
もうひとつ。
このVer3.0を探す時にオフィシャルページのバナーで気付いたのだが、映像的にFirefoxの宣伝活動もしていたのかと今頃気付いた。
2007 Get Firefox ビデオアワード
広告業界に入りたがっている友人の心当たりがあったので、ちょっと自分も覗いてみた次第。
なかなか面白い。

avast!

基本的にメーカー品のPCを買えば、デフォルトでアンチウィルスソフトが付いてくることが多いが、PCを自作する自分はどこかでそれを仕入れなければならない。
だが困った事に、それが不可欠なものであると分かっていても自分は大概ケチなので、高い金を払ってこれを買う気にはならない。

世の中、特にインターネットの世界はありがたいもので、ソフトウェアは探してみれば代替の効くものがよくある。
無償のものが有償のものの代替になることもよくある。

なので自分は以前からavast!というフリーのアンチウイルスソフトを使用している。
もともとチェコのソフトウェア会社の製品らしいのだが、個人利用に限り無償で利用する事ができる。
インストール後はライセンスキーを取得し、それを入力することで約1年間の継続利用が可能になり、ライセンス期限が経過すると再度ライセンスキーを発行してもらい、同様の作業を行う必要がある。

0

スキャン操作時のインターフェースはこんなカンジ。

3

有償のものにひけをとらないウイルス走査率と、頻繁に行われるウイルスデータベースのアップデートが心強い。
また、OS起動後に走査から隠れるタイプのウイルスを検知するブートアップスキャン機能を有している。

いろいろとごちそうさまでした

友人のPCに導入したアンチウイルスソフトのライセンスキー期限が切れて、更新のしようがわからないと言われたので、車で拾ってもらって、直接彼の家に行って作業を行った。

あわせて動作が重たいと前日に聞いていたのだが、なるほど、重たくなる理由が明確。
様々なアプリケーションを多重動作させているのにメモリは512MBしか積まれてないし、システムドライブにあたるCドライブは空き容量が6%しかなく、かつ断片化がひどい。
システムをスタンバイ状態から復帰させるのを見たときに、やたらと時間がかかりすぎていたため、なんともわかりやすい症状。
ひとまず空き容量を確保させて、デフラグをやっておいた。
本当はメモリを増設すると、アプリケーション動作ももう少しキビキビするんだろうが、これは多少金銭がかかるので、所有者の意図に任せる。

帰りは夕食にほどよい時間だったので、神戸あたりでよく見かけてはいたが入ったことの無かった「もっこす」という中華そばの店に一緒に入った。
中華そば1杯並盛り630円。次の写真は100円足した大盛りだけど。

CIMG0726 

ニンニクのチップはあとから自分で足したもの。
というか意外とネギ多い。
味は確かに中華そば。ラーメンじゃなくて中華そば。
可も無く不可も無くというところ。
ちゃんと定食メニューに「中華そば+ぎょうざ+ごはん」と、炭水化物がセットになっているあたりに関西の気風を感じる。

食べ終わって、自宅まで送り戻してもらう時に「いずれ彼女でも紹介するわ?」と友人が言っていたのだが、直後に目前にその当事者を友人が発見。
なるほど、彼の話に割とよく登場する人はこの人か。
うわさをすればなんとやらだが、部外者の身分をハッキリするためにすぐさま後部座席に移動。
あそこ(三宮)から歩いて帰るくらいは苦も無い事だが、それは止められた。
気を使うなと言われたが、分際はわきまえておくもの。
立場くらいは心得てますとも、ええ。

ごちそうさまでした。色々。

それほど頻用はしないのだけれど

三宮にスタバの新店舗ができる模様。
場所は国際会館のすぐそば。
CIMG0670
CIMG0669 
国際会館の中のオフィスビルで税理士講座を受けているので、使い勝手はいいだろうが、さほど自分はスタバを活用しない。
使うことがあったとしても、コーヒーよりも紅茶派の人間なので。

友人に約一名、こういう情報を吉報とする人間に心当たりがあったので報告がてらに載せてみた。
今まで国際会館の地下1階にもテナントにスタバが入っていたが、大概混雑がひどかったので、これで多少は分散されるだろう。

似たようなものだし、結局は一緒。

昨日メッセンジャーで会話している時、相手が上等なプリンを食べているらしく、なんでもカラメルが別容器になっているタイプだったらしい。
コーヒーゼリーでもそういうのがあるなぁと思っていたら、どこぞのレストランのカレーのようだとも言われた。

その時に思い出したが、ごはんとカレーが同じ皿で既にルーがかかっている状態で出てくると「ライス・カレー」と呼ぶべきらしい、本来は。
別の皿ででてくると、「カレー・ライス」と呼べるのだそうだ。
どこかでそういう情報を得た記憶がある。

そういうことを言っていたら、今度はハヤシカレーなる食べ物があると言われ、なんとも優柔不断な食い物だなぁと思っていると、あろうことかハヤシカツカレーまで存在するという。
欲張り&優柔不断にもほどがある食べ物だと思うが、それはそれでウマそうだとも思う。

手羽元の甘酢煮?

このところ外食が増え、実家から送られてきたジャガイモに再び芽が生えつつあることに今頃気付いた。
あろうことか、同じくたまねぎまでネギを生やしつつあったので、これは早く食さねば。
そうなれば、冷凍庫に安買いしておいた鶏手羽元があったような。
というわけで今日の夕食はこれらを消費するものに決定。

CIMG0653

軽く手羽元を焼いてジャガイモたまねぎを投入。
ほどほどに熱が通ったら酒やら砂糖やら出汁やらで煮汁が無くなるまで煮る。
今回はちょっと試験的に酢を加えてみた。
塩分を抑えつつしっかりと味がつくらしいので。
普通の味付けでもよかったのかもしれないが、たまには挑戦的なこともしたくなる。
どうせ食べるのは自分しかいないのだ。何を怖れる事があろう。

CIMG0663

ざっとこんな夕食の風景に。
貧乏学生の食い物にしては上出来だ。
例によって吸い物の器が愛らしいのは看過すべき点。

できあがって食べつつ気付いたけど、一味を混ぜてもよかったかもしれない。
やや酢が多い気がすることと、ジャガイモを小さく切りすぎたのは次回への反省点。

return top