アーカイブ ‘ 2007年 12月

携帯端末

何気なく家電量販店で携帯の端末価格を見たら、以前と比べてぐっと高くなっており、販売奨励金が消えた影響を実感した。
しかし実際のところ、携帯端末自体の値段としてはこれくらいでも原価スレスレか割れているんじゃないかと思う。
今まで型落ちした端末が1円などで売られていたが、本来の単純な売買取引としてはどう考えても正常な価格ではない。

販売奨励金があった頃には、安価で携帯端末が売れる代わりに通信料や基本料金にそれらの価格を按分した料金設定になっていた。
ところがこれだと携帯端末を短いスパンで買い換える人間にとって好都合で、逆に長いスパンで端末を保有する人ほど損をしていたことになる。

こういう背景があったから奨励金が消えたのだろうけど、2年以上同じ端末を保有し続けたことのないミーハーな自分としては、迂闊に買い換えたいとは言えなくなってしまった。
自分はキャリアが違うし、欲しいとは思わないが、今までの感覚からするとコレなんて携帯端末の値段とは思えない。
相当な特殊仕様とはいえ、完全に客層を限定した商品だなと考えざるを得ない。

無名の玉

インターネットが身近なツールになり、簡単に自己表現が可能な手段が増えた。
『ウェブ進化論』を著した梅田望夫氏が言うところの総表現社会(誰もが情報発信源となる社会)は、実のところかなり現実的なのかもしれないと思った。
こんなものが、突如パッとわいて出るんだから、そりゃ総表現社会も悪くない。
一番上が最近流行りのボーカロイドによる原曲。
二番目が女性によるカヴァー。
三番目は男性(インディーズ歌手らしい)によるカヴァー。
皆、プロどころか一般人ばかりだからビックリする。
曲、絵、ボーカルに至るまで、まさにマス・コラボレーションの具現。
総表現社会になるってことは、情報の玉石混合が起こるってことだけど、これは一種の「玉」だろうなぁ。
ニコニコ動画を見れる人は、そっちがオリジナル・ソースだからそちらをオススメする。
素人くさいといわれればそれまでだが、ヘタクソなプロよりは随分マシだと、主観的に思う。

 

 

厨房臭い音ですが

ギターのことなど何も知らないし、芸術的な感性など皆無に等しいですが。
すいません、割りとこういう音嫌いじゃないんです。


というわけで当方はa2c氏やGodspeed氏が参加するG5 Projectを応援しています。
さて、呼ばれたのでこれから立花に行ってきます。
明日は消費税法の試験だけど、ちょっとどうにもならん気配。

エニアグラム分析

という自己分析を行ってみた。
その結果が以下の通り。

エニアグラム

えーと、タイプ4が突出してる場合だと・・・

内省的で、ロマンティックなタイプ。
自分のことがわかっており、繊細で、控えめである。自分の気持ちに正直で、創造的で、個人的な関わりを大切にするが、気分にムラがあり、自意識過剰になる場合もある。
自分が傷つきやすく、欠陥があると感じると、人から遠ざかる。
また、普通の生き方に軽蔑的で、自分は無関係であると感じる場合もある。
典型的な例としては、憂鬱や自堕落、自己憐憫の問題を抱える。

ろまんてぃっく? 世捨て人と呼称された自分が?
なんというか、己に酔ってる人間のようです、自分。

この自己分析はこちらから受けられますよ。

早朝帰り

大学で夜間の講義を終えて、その後友人と一緒に夕食をして他愛も無い会話を終えて、日付が変わる前には自宅に帰宅するつもりが、わざわざ友人宅に酒が用意してあるというので夕食後に一緒に飲んでいたら、あっというまに日付が変わってしまった。

かと思えば、2時過ぎくらいに神経擦り減らした東京の友人から電話がかかってきて、そのまま聞き役に回ると共に、カウンセリングというかそういう所業に。
電話越しの声が既に死んでいたので、こりゃ相当滅入ってるなと思いつつ、とりあえず吐きたいことを吐かせる。
で、2時間程度(友人宅で)話し込んで、さすがに4時だったので、詫びを入れてようやく自宅に帰る。

さて今日は朝から税理士講座なんだが、どうしたものか。
これを書いてる時点でAM5時過ぎで、今から寝たらおそらくまともに起きれないし、ズルズルと睡魔を引きずってしまうだろうなと思って、このままひとっぷろ浴びてから寝ずに行こうかと。
たまにゃ、こんな日もあるか。

11月分の日記を

mixiから移行してきた。
別に深い意味は無い。
ただ卒論片手間に、ちょっとやりたくなっただけ。

味噌が切れたのをいいことに、いつもと違う製品を買ってみた。
以前よりさっぱりした味噌で、比較的味噌汁をよく食べる自分としては、やっぱり味噌汁( ゚Д゚)ウマーと実感した。

電池切れ

真夜中に卒論を進めておこうとキーボードを叩いていたら、タスクトレイに常駐しているユーティリティから「電池切れ間近だぞ( ゚Д゚)ゴルァ!!」と警告を受けた。
何を隠そう、私のキーボードはワイヤレスである。
昨夜くらいまでは「電池残量:十分」って表示してたくせに、突然言われても困る。
警告を無視してしばらく使っていたら、ホントにタイプが効かなくなってきたので、仕方なく以前の安い(現行のものも安いのだが)有線のキーボードを引っ張り出してきたのだが、叩いてみるとこれのキーストロークが深くて、しかもやや固いキータッチのために、運指が疲れる!
よくこのキーボードで、買い換えるまでの2年以上叩いてきたモンだなと、今更ながらに感心する。
オヤジの事務所にあったキーボードだから、ヤニで黄色く変色してるし、鍵打音も結構大きい。
そういえば、このキーボードを使っていた時は、キーストロークの浅い、ラップトップのようなカチカチ鳴るキーボードはあんまり好きじゃなかったけれど、今考えるとむしろそっちのほうが楽といえば楽だよなぁ。
ともあれ電池を買ってこなくては。
単4二本。

揚げ手羽元

鶏の手羽元が安かったので、ここぞとばかりに揚げてみた。

手羽元揚げ
昨晩からしょうゆやら調味酒やらを合わせたものに漬けて下味をつけ、竜田揚げに近いカンジにするため片栗粉で揚げる。
ニンニクやコショウの香りと共に、揚げてる最中からかぐわしい下味の醤油が漂うのが堪らん。
やはりできたてを貪るのがウマい。
今度安い時があったら、煮付けにでもしてみようか。

帰省までには治れ

事故の傷の浅い箇所から、かさぶたが剥がれ始めた。
思いの他治癒速度も早く、正月に帰省するまでには綺麗に完治してるかもしれない。
多少のアザくらいは残るかもしれないけれど。
ちなみに事故3日後くらいの傷の様子がコレ。
ピントがブレまくりなのはわざとではなく、旧式のボロ携帯カメラで撮ったから。
今更ながら、ホントにこの程度で済んでよかった。
傷は癒えてきたのだけれど、最近は冬につき物の乾燥にやや困惑ぎみ。
カッサカサになるし静電気は溜まるし。
ただでさえ外出することの少ない人間なのに、こんな時期は尚更だなぁ(´・ω・`)

京都散策

mixiではブログパーツが追加できないし、どうせフィードを用いて連動できるならと思って、他のブログサービスに乗り換えてみた。しばらく使ってみて、戻るか継続するかの評価を下したいと思う。
午後の昼過ぎに神戸を出て、京都に行ってきた。
主目的はラーメン。
友人がやたらと勧めるので、案内してもらった形になる。
神戸から1時間半くらいだったが、阪急電車で片道600円。
軽く京都の町を散策して、実際に目的のラーメン屋に入ったのは6時過ぎくらいだったか。
「みよし」という店だったが、とんこつベースのラーメンだった。
麺はもう少し固ゆでの方が好みだったが、総合的な味そのものはわりとさっぱりで、とんこつのほかに魚か鶏のダシなどが加えてあるのではなかろうかという印象。
ノーマルなラーメンで600円、替え玉一丁100円の店だった。
食い合わせとしてどうかとは思ったが、その後に「甘いものを食べたくないか」と問われて甘味処へ入ることに。
食べたみたらし団子が( ゚Д゚)ウマー
みたらしが適度に甘くて、しかし団子の味と香りがしっかりする。
結構いい値段のする店だったけれど、この味なら納得。
友人が食べてた白玉ぜんざいもあっさりした甘さで、あんこも小豆の味がちゃんとする、砂糖で誤魔化さない一品。
「京都に来た」という実感の湧く時間を過ごさせて頂いた。
その後もてくてく歩いて各所を回ってみたが、何とはなしに散策するには面白い町だなと思った。
今回は友人というガイドがいたから無駄なく回れたが、もし今度一人で来る時にはガイドマップでも持参して来よう。

return top