アーカイブ ‘ 2007年 5月

ネタ小出し3

長い文章ばかりが続いたので、再び。 いや三度か。

イチロー伝説2:http://imihu.blog30.fc2.com/blog-entry-2834.html
どんだけイチロー好きなんだ、オマエらw
103のレスとか、割とマジで見たいじゃないか。

カルヴァドスと3ユーロ:http://www.glumbert.com/media/bartender
洒落もとんちも効いてる。
ちなみにカルヴァドスってのはリンゴのブランデーのことらしい。
ちょっと飲んでみたいね。

日本の奇妙な飲食店:http://wiredvision.jp/news/200705/2007053020.html
メイド喫茶はもはや常識だからいいとして、これらは何だ?
一体どこを調査してきた・・・。
というか、コレはすでにキャバクr(略)

音割れ

過去の日記に書いたような気もするが、私のアパートはムダに7.1chサラウンドを構築してある。
5.1chと2.1chのそれぞれ別製品を組み合わせてコレを作ったわけだが、この度、2.1chの左側スピーカーが音割れし出した。
神戸に来る前、福岡にいたころに2000前後という安価で購入した割には、それなりの音を出すので愛用していたのだが、やはり寿命は短かったらしい。

自分はそれほど音響に詳しいわけでもなければ、別段大きなこだわりがあるわけでもない。
だけれど我が家の2.1chスピーカーはPCのみならず、PS2や(地上デジタルの)テレビチューナーとも接続してあるため、せっかく買ってきたPS2のフライトシミュレータも音割れ状態でプレイせざるをえなくなってしまう。
それは少々耐え難い。
なのですぐさまPCユーザ御用達のソフマップ神戸店へ。

先ほど、別段大きなこだわりもないと述べたが、メーカーについてはそれなりのプライオリティ(優先度)を持っている。
非国民呼ばわりされそうだが、まずSony製品は可能な限り避けている。
詳細は愚痴になってしまうのでここでは述べないが、実体験・伝聞ともにイメージが良くないということが原因である。
個人的にはそれなりの値段で使えるモノが欲しいので、PC周辺機器で有名なLogicoolや、PCサウンドの代名詞を獲得した時代を持つCreativeといったメーカーを好む。
(ちなみに私の所有するポータブルオーディオもCreative製で、この会社は日本ではあまり馴染みがないものの、世界ではiPodに続く第2位のシェアを誇る企業である)
OnkyoやBoseという選択肢も良いのだが、両者は比較的高額な商品が多い。

こちらではLogicool、Creative両者の製品とも置いてあったのだが、やはりここは親しみあるメーカーということでCreativeの以下の製品を購入。
http://jp.creative.com/products/product.asp?category=4&subcategory=27&product=15773

先日の日記の写真を見ていただくとわかりやすいかもしれないが、デュアルモニターにしたことでデスクはすでに満席状態。
この状態でサイドにスピーカーを置こうとするのは少々難儀で、それを考慮した際にこの製品の壁掛けができるという利点が非常に頼もしい。
通常ならデッドスペースになりがちな、モニターの裏側の壁面に設置すれば、あとはウーファー設置場所を確保するだけでいい。
で実際に接続してみたところ、以前の製品よりも澄んだ音が出せるようになった気がする。
微妙なレイテンシがあるような気がしないでもないが、おそらく気のせいということで。
さて、フライトシミュレータに打ち込める。

難波でウロウロ


ちょっと遅いけど母の日、ちょっと早いけど父の日。
25日にゴールデンウィーク中のバイトの給料が振り込まれたものだから、この際感謝を込めて何か送ろうと画策したわけで。
大学で地元関西の方々に「せっかく神戸にいるので何かスイーツ系を送りたい」と相談してみたところ、神戸ではなくなるが大阪に安くて美味しいチーズケーキを売っている洋菓子店があるという。
オマケにわざわざ試食とばかりに買ってきてくれたものだからビックリ。
で、実際に食してみたところ、値段の割には大変美味だったので、勢いですぐさまこれにしようと決断。
それが昨日までの話。

それで今日は朝から大阪目指して電車でゴー。
恥ずかしながら、単独で大阪をウロウロするのは初めてのこと。
本来ならやや方向音痴の感がある私は、タウンマップ片手に逐一現在地をチェックするのだが、今回は冒険してみた。
結論を言うと、字面で住所というか店舗の在り処は分かってたのだが、現地で探してみるとなかなか見つからない。
見つかったと思ったら、該当店舗では地方発送は承っていないとのこと。
他店舗ならば大丈夫と言われたものの、ここ以外の店舗の場所なんて全然知らない。
かといってわざわざ神戸から繰り出してきて、それくらいで諦めてしまうのも癪に障る。
なので試食を勧めてくれた昨夜の恩人に、他店舗の場所を問うてみたところ、難波にそれがあるという。
これまた全く土地鑑のない場所だが、案ずるより生むが安し。
地下鉄で到着してみるが、某百貨店の近くとまでは教えてもらったものの、それ以上の詳細がわからない。
ウロウロしながら本屋を見つけ、そこでようやくタウンマップを開いて場所を確認。
現在地と目的地が全く逆方向であったことに落胆しつつ、なんとか目的地にて発送手配をしてもらうことに成功した。

割と簡素に書いているが、実は軽く3時間くらいは、そのためだけに街中ウロウロしている。

実は大阪まで出てきた理由はこれだけではない。
今年入ったくらいから、ずっとPCのモニターをデュアルにしたいと思っていた。
つまるところ、デスクトップ面積2倍。
作業能率1.5倍(当社比)。
神戸市内でもある限りのPCショップを回ってみたのだが、あまり望む性能と値段がマッチングしない。
そこで「西の日本橋」といわれる電気街へ足を伸ばしてみた。
かの地にいくつも存在するショップを回るだけ回ってみたのだが、実のところはほとんど神戸とさほど変わらない状況。
ちょっと過度の期待をしすぎたのかもしれない。
予算の繰上げを考え出していたその頃に、ようやく手ごろな値段のモニターを見つけたのだが、他と比べるとかなり安価な値段だったので逆に不安になってしまった。
中古なのだが、しかしパッと見ではそれほど大きな損傷も無く、この際だと思って店員を呼んで映りのチェックをしてもらったところ、ドット欠けが一つもない良品であることが分かったため、購入を決断。
デジタルケーブルを合わせても15000程度。
見て回った中では他店舗よりも5000近く安いことになる。

掲載した写真は実際にセッティングしてみて、動作確認が取れた状態。
左側のフレームがやや黄ばんでいる方が以前から置いてあったモニターで、右側が今回調達したモニター。

両画面の色合いやら明度やらを揃えるのが少しばかり難儀だが、これで片方ブラウザ、片方ワードというレポート最強方程式が実現できる。
モニターの裏には2chスピーカーが隠れてしまったが、この際多少の損失は目をつぶっても問題ないと思われる満足感。

ネタ小出し2

「才能の無駄遣いだなぁ」とおもう人間って、割とネットワーク上に多く存在するわけで。
だけどそれは全然卑下や侮蔑などという意味ではなく。
そんなセンスの一部が以下URL。
「ここにアップすればいいじゃん」というかもしれないけれど、それすらも恐れ多くて、存在消されそうな気配なのでリンク先で責任転嫁。
http://www.kajisoku.org/img06/img305_a77.jpg
編集した人物はジェネラルをも恐れぬ勇者。

近くに環境系の卒業論文を書こうとしている人物がいるにもかかわらず、このような事を晒すと気分を害されるかもしれないけれど、個人的にはコッチ派なので。
http://www.yukawanet.com/byozine/log/2007/05/post_379.html
地球環境工学を専攻している同期の友達の話だと、地球ってのは温暖期と寒冷期を循環しているらしく、彼が言うには温暖化については騒ぎ過ぎている感があるという。
だからといって浪費を勧めるわけではないのだけれど。

最後は市場ネタというか、一般人の計り知ることの無いニッチ(隙間)な市場。
ニッチなんだけれども強烈な購買層が動く市場。
ここから先は免疫働く人が出てくると思うので、「オタク・アキバ」などのイメージが大嫌いな人間は、これ以上覗かないほうが精神衛生上大変よろしい。
というわけで問題のHPはこちら↓
http://wiki.livedoor.jp/lapislazuli01/d/FrontPage
実はこの手の運動、今回が初めてではない。
http://www.oricon.co.jp/news/ranking/21680/
この運動のバックボーンとなるサイトがそれぞれ存在しており、いずれも扇動だとか叩かれながらも有言実行している。
業界が絡んでいようといまいと、いずれにしても彼らの購買意欲は一般人のそれでは無いなぁと実感する現象だ。
傍観者としての立場から言うと、大変面白いので推進派だが、否定派も存在するようで。
http://www.geocities.jp/takaya_onsen_net/moriyama.html
まぁ、個人の価値観だから、仕方ないといえば仕方ない。

雨後の竹の子

といえば連続して事が起こる諺(ことわざ)だが、実際に昨夜雨が降ったせいか、今日は起きたときから、竹の子のアク抜きをするときの青臭い匂いが嗅覚に訴え続けた。
もうそろそろ旬の時期も終わろうかという季節だが、これから暑くなるばかりという実感を湧かせてくれる匂いである。

季節感たっぷりの記述のあとは、金銭問題が大きく絡む中国の話題。
某ネズミのマスコットキャラクター会社を怒らせそうな(あの会社は特に著作権にうるさい)テーマパークが中国に多くあったというのは最近明らかになったが、あんなの目じゃないくらい末端市場はエラいことになってる。
http://www.yukawanet.com/byozine/log/2007/05/post_378.html

ああもう、どこからツッコめば・・・。

ネタ小出し

悶えるくらいバカバカしくて、楽しめた。
http://blog.livedoor.jp/michaelsan/archives/50585805.html
「試合の無い移動日でも2安打」とか、意味不明過ぎて笑える。

http://www.nttdocomo.co.jp/
「そろそろ反撃してもいいですか?」と挑発的なフレーズの割には、「2.0」という表現は、今やあまりにも追従したカンジたっぷりでナンセンス。
とか言ってるけど、バイトして新機種買いたいなとか思ってる自分もいる。

割とホットな仮想世界、Second lifeに移住してから約1ヶ月になろうかとしている。
コンセプトやシステムとしては非常に興味深いものであるが、正直アプリケーションとしては不安定すぎる。
これをゲームと呼べる代物ではないことを自覚しつつ、しかしどうしてもオンラインゲームの先進国である韓国のそれと比べると、アプリケーションクオリティは低いと思う。
もっとも、Second lifeのアプリケーションデータ自体が100MBにも満たないものであることを考えると、それはそれで違った見方をしなければならないのだろうけれど。

暖かくなってきたので

過ごしやすいのはいいことである。
が、作り置きした食べ物が腐りやすくなってしまうのは、自炊派の一人暮らしとしては大変いただけない。
冷蔵庫に保管すればいいではないかと言われそうだが、生憎と私の所有する冷蔵庫は極めて小さい。
一週間分にも満たない量の食料品を格納するだけで、一杯になってしまう程度の大きさしかない。

「こうなったら通常空いている冷凍庫に保存できるようなものを作るようにしなければならないな」と思い始めたのは、一人暮らし4年目に入った今日この頃。
とはいえ、冷凍できる料理なんてロクすっぽ知らない。
カレーなんかは代表的らしいが、じゃがいもが入っていると解凍した際にスカスカになってしまって食えたものじゃないらしい。
だからといってすり潰してまで保管・摂取しようとは思わない。
さてどうしたものか。

return top