アーカイブ ‘ 2007年 2月

そろそろ体が腐る

原付のタイヤがパンク。前輪。
午前中に冷蔵庫の中身を満たすために買出しに出たのだが、その時に、どうもコーナリングがややアウトにふくらみがちな事に違和感を覚え、タイヤ圧迫してみると見事に凹む凹む。
買出しを後回しにして、すぐさま原付屋にピットインしてタイヤ交換5250。
予定外の出費が懐を直撃する。

正午過ぎに一度自宅へ戻り、昼食を取ってから部屋内を掃除機がけするなどして清掃。
今日は天気も悪くなく、部屋にこもっているのもアレなので、再び外出することにする。
どこに行こうかと考えたが、突拍子も無く献血しようかという気分に。
神戸に来て学内献血しかやってなかったので、実際に当地の血液センターに向かってみるかと思いつき、いざ神戸の繁華街、三宮へ。
商店街の中のビルの一部に血液センターが間借りしているというのは聞いていたので、実際に足を運んだものの、駅近くのビルに移転した旨の張り紙がしてあったので、素直に移動、徒歩5分。
1月末に移転したばかりということもあって、センターはきれいだった。
献血カードが磁気カードに変わってから、手続きが省けたのは利用者としても職員としても助かる。
400ml抜いてきたので、次回は3ヵ月後の5月以降に来るであろう学内献血で再び提供しよう。

唐突だが、昨日ごろからPCの一部機能が正常に動作しない。
これはリストア作業が必要だろう。
12月末にバックアップしたシステムドライブデータに戻すわけだが、また色々アップデートせねばなるまい。
本当はクリーンインストールした方が確実なんだろうが、一からセットアップするのは非常に手間だから、リストアしても異常が認められるようならば、それもやむなしか。

篭城・膠着状態




テスト空けてから、ほぼ完全に自宅に引きこもり切り。
本当は就活もやらねばならないはずだが、ここしばらく訪れなかった安息の余暇を堪能中。
というわけで、目下進行中なのがコレ。
http://medievallords.zoo.co.jp/

趣旨は都市建国シミュレーションなのだが、領土拡大のために隣国との戦争をやったり、逆に自国にちょっかいかけてくる狼藉者どもから防衛線を張ったりする。
今回は自国の領土内で食糧自給がまかない切れなくなってきたので、隣の町を占領してみた一部始終を静止画に収めてみた。

1枚目で緑のラインの内側が自国領土。
もともとはここも他国領土だったのだが、占領後にありがたく農地開発させてもらった。
しかし直後に黄色のラインの側(ゲルマン人領土)から、50人ほどの兵隊でケンカふっかけてきたので、早めに悪い虫は駆除すべしということで、自国民から徴兵した2000人超過の討伐軍を結成、相手領土内に野営地を置くことで、事実上の戦線布告をした瞬間がコレ。

2枚目は開戦直後。
音が聞こえないのが誠に残念だが、プレイしているとこの時点でエラい怒号と騎兵隊の足音がして、まさしく大合戦というカンジになる。
歩兵が剣を持っているが、実際会戦中は弓矢でしか攻防しないという、実に期待外れの合戦。
この状態から、見張り塔からチラリと見える相手防衛を殲滅し、城壁を突破して相手本拠地を潰しに行く。

3枚目で黄色い旗のあるところがゲルマン人本拠地。
その手前に第2城壁があるため、さらにこれを突破する。
先に騎兵隊が土煙上げながら先陣切りつつ、その背後に見える虫の如きつぶつぶ無数の歩兵たちが追従するという構図。
実はコレ、戦闘は全てオートマティックなので兵は勝手に障害を排除しながら本拠地を潰しにかかるのだが、ちゃんと民家や農地には一切手を加えないあたり、わきまえている。
結局ここでは当初の半分を下回る程度の軍勢を残して領土略奪に成功するのだが、すぐさま何気にゲルマン人が外部から報復に来たりして、きわどい防衛線を強いられるのだが、これらを退けてこそ軍師。

やっぱこういうリアルタイム・シミュレーションは、ちまちまと成果を上げつつ、しばらくしてから全体を俯瞰して、その累積された功績を全体で見て取れるようになった瞬間が快感。
いかんなぁ、久しぶりにゲーム三昧だなぁ俺。
連休明けくらいに外出ようよ俺。
冷蔵庫の中身もそろそろ空だぞ俺。

return top