アーカイブ ‘ 2006年 9月

2ヶ月間の充電、完了

今週土曜日に神戸に戻る予定。
再び故郷を離れるこの寂しさは、自分がまだ子供だからか。
だけれど、自分はこの望郷の念を恥ずべきものだとは思わない。
むしろ、私の心を捕らえてやまないこの土地を誇りに思う。
自分が望むときに自分を受け入れてくれるこの地に感謝する。
我が故郷に、またしばらくの別れを告げ、そして再び戻ってくることを約束する。

追記
後期の昼間部の経済原論が、夜間の研究指導とブッキングし、選択できないことに焦燥感。
来年度は就職活動諸々で忙しくなる可能性もあるのに、大丈夫か俺。

クドイようだが


久々に文字を綴るかと思いきや、機転も効かさずド田舎の風景。

だいぶ騒がれたようだが、先日の台風13号による影響は少なからず私の周囲にも及んだ。
そのため建築業を生業とする我が実家には屋根の修理依頼が数件舞い込んだ。
小規模な工務店であるため、従業員数も少なく、そこを補填するために私が狩り出されたというわけである。

画像を見る限りではそれほどでもないような気がするかもしれないが、コレは民家の2階の屋根から撮影したものである。
台風一過で程よい天気となり、衝動的に収めてしまった。
うむ、絶景かな。

(ちなみに、この写真を撮ったのは一昨昨日のことである)

PC新調

いよいよ新しくPCを新調した。
パーツの選定にもかなり気を使ったが、結局のところ、CPUはインテル社から脱却することができなかった。
AMDにしようと思ったが、価格的な面でインテル社の方が安く抑えられたことと、マザーボードの種類が少なかったことに起因する。
だが、Pentiumの廉価版であるCeleronとはいえ、3Gのクロック周波数を持つとかなりの体感速度の違いが出てくる。
さらに今回のメモリにはDDR2を使用したため、これまた以前のマシンよりもはるかに早い。
実際にベンチマークソフトで数値的な比較を行ったところ、以前のマシンに比べて2?3倍近いスペックを叩き出すこととなった。
無論、言うまでも無いことだが超快適である。

return top