カテゴリー ‘ ソフトウェア

XX

今はデスクトップ上のシステムモニターはGoogleデスクトップに含まれるガジェットで確認できているが、デュアルモニターを構築する前はデスクトップガジェットを軽々と置くには手狭だったため、XXというユーティリティソフトを導入していた。

image

このようなインターフェースで、デスクトップの隅のほうに寄せておくと思いのほか邪魔にならない。

「FREE」とあるのは残余メモリで、「CPU」はCPU稼働率を示している。
これらのステータスがリアルタイムでわかるため、妙な動作をしているときには判断がつきやすい。

またランチャー機能も備えており、あらかじめ頻繁に用いるアプリケーションを登録しておくと、デスクトップにショートカットを大量に貼り付けて汚してしまうことを未然に防げる。

ただし開発そのものは結構前になるソフトで、開発元のホームページ自体はすでに閉鎖されており、これ以上のアップデートは期待できない。

またメモリ解放機能を備えているが、どうも一定以上のメモリを搭載していると機能できずにアプリケーションが停止してしまう模様。

詳細な機能についてはこちらのダウンロードページから確認できる。

探してみればいい

たまに知人・友人から「かくかくしかじかということをしたいのだけれども、そういうソフトウェアはないのか」ということを尋ねられることがあるので、ちょっとここらでオススメのウェブサイトを紹介しておく。
といっても有名所ばかりしか列挙しないのだけれども。

Vecter
有料・無料ともに、結構な数のソフトウェアを検索できる。
ページ下の「カテゴリーから選ぶ」より探し出していくと分かるが、かなり細かい分類もされており、大抵のものは見つかる。
たまに口頭で紹介する時に、ビクターとベクターをごっちゃにして発言したくなるのは自分だけではないはず。

窓の杜
「まどのもり」と読む。
毎日特徴的なアプリケーションが紹介されており、メールマガジンを購読するとその日の記事が分かる。
ソフトウェアライブラリには、ある意味定番ともいえるソフトが揃っている。

COW&SCORION
基本的に海外のフリーウェアを集めたサイト。
日本ではあまり見かけないような、ちょっとニッチな需要のソフトもここなら見つかることもある。
質の高いものが多い。
もちろん、ソフトウェア自体英語のインターフェースであることが多いので、注意。

Firefox ver3

Firefoxのバージョン3がリリースされているとは聞いていたが、β版であるために手をつけておらず、しかしちょっと興味がわいたので導入するだけしてみるかと思ってインストールしてみた。
さすがにアドオンのほとんどが対応しておらず、ほぼプレーンなFirefoxを久々に扱っている気がする。
アドオンも少ないせいか、確かにページのレンダリングは以前よりも早い気がする。
起動も心なしか早くなったか。
Firefoxは自分仕様にカスタマイズしやすいのが利点だけど、あまりにゴテゴテ追加機能を導入しすぎると、起動が遅くなったり、そうでなくてももともとシステムリソースを食いやすいブラウザだから、今回のバージョンで消費メモリの改善がなされたことなどは素直にユーザーとしては喜ばしいこと。
新しい機能の半分もまだ活用していないけれど、これは正式なリリースが楽しみ。
βバージョンのダウンロードはここから。
もうひとつ。
このVer3.0を探す時にオフィシャルページのバナーで気付いたのだが、映像的にFirefoxの宣伝活動もしていたのかと今頃気付いた。
2007 Get Firefox ビデオアワード
広告業界に入りたがっている友人の心当たりがあったので、ちょっと自分も覗いてみた次第。
なかなか面白い。

avast!

基本的にメーカー品のPCを買えば、デフォルトでアンチウィルスソフトが付いてくることが多いが、PCを自作する自分はどこかでそれを仕入れなければならない。
だが困った事に、それが不可欠なものであると分かっていても自分は大概ケチなので、高い金を払ってこれを買う気にはならない。

世の中、特にインターネットの世界はありがたいもので、ソフトウェアは探してみれば代替の効くものがよくある。
無償のものが有償のものの代替になることもよくある。

なので自分は以前からavast!というフリーのアンチウイルスソフトを使用している。
もともとチェコのソフトウェア会社の製品らしいのだが、個人利用に限り無償で利用する事ができる。
インストール後はライセンスキーを取得し、それを入力することで約1年間の継続利用が可能になり、ライセンス期限が経過すると再度ライセンスキーを発行してもらい、同様の作業を行う必要がある。

0

スキャン操作時のインターフェースはこんなカンジ。

3

有償のものにひけをとらないウイルス走査率と、頻繁に行われるウイルスデータベースのアップデートが心強い。
また、OS起動後に走査から隠れるタイプのウイルスを検知するブートアップスキャン機能を有している。

return top