カテゴリー ‘ 自炊ネタ

4尾200円

アジの話。
ちょうど青魚を食べたいと思って買い出しに出かけたら、4尾で200円。
貧乏学生としてこれを逃さない手はない。
しかし、一人で4尾すべてを同じ調理方法で食べるのはさすがに飽きる予感がしたので、煮付けと南蛮漬けの2品に分けることにした。

CIMG1915

ぼんやりしていたら、煮付けにする分まで三枚におろしてしまっていた。
考えてみれば頭を落とすのも南蛮漬けにする分だけでよかったはず…。
この際やむなし。
どうせ南蛮漬けを作る過程で揚げ鍋を使うので、骨の部位はせんべいの如く揚げてみた。

CIMG1917 

男料理なので、おろし方がヘタクソなのは仕方ない…。

CIMG1918

やはり南蛮漬けの玉ねぎは心持ち多い方がウマいと思う。
生玉ねぎは胸焼け起こしそうなものだが、切った後に1分ほど電子レンジで加熱するとそうでもなくなる。

CIMG1923

煮付けは結局切ってしまった頭も一緒に煮た。
個人的に眼球周りの肉が好きなので、そのままホイホイ捨てるのはもったいない気がした。

あとえのきと豆腐ととき卵の味噌汁をつけて夕飯に。
明日の夕食もこれでまかなえそうな量。

夜食の定番のひとつ

夕飯を結構食べたと思っても、やはり夜中1時前後になると小腹が減ることがしばしば。
しかし基本的にカップラーメンは嫌いで、菓子などの間食ものも備蓄しないため、このような貧乏学生には炊飯ジャーと実家から送られる米が心強い。

CIMG0914

ついでに故郷は海苔の産地でもあるため、これも割と頻繁に送ってもらえて助かる。
妙なインスタント食品よりも俄然美味。

平子イワシの煮付け

1パック198円のところが見切り品で半額。
貧乏学生がこれを逃さない手は無い。
とりあえず明確な調理法が浮かばなくても何なりと食えるはず。
というわけで即日夕食として手間も少ない煮付けにしてみた。

CIMG1913

水、酒、しょうゆ、みりん、砂糖、しょうがで煮汁を作ったら、頭とわたを除いた平子イワシを煮付けるだけ簡単適当料理。
気分で今回はしょうがをちょっと多く入れてみた。
骨ごと丸ごと食べられるので、調理ばかりか食べる際にも手間がかからない。
酒の肴なんかにもいいかも。

お好み焼き

CIMG0841

先日の夕飯。
安くて手軽で腹にたまりやすくて、非常に助かるお好み焼き。
黒く細いのはひじき。
カルシウム分が欠如していると思われたので、加えてみた。
関西では定食屋で頼むと、お好み焼きにご飯と味噌汁がついてくるらしい。
かく言う自分もお好み焼きと白いご飯も食べ合わせをよくやるのだが。

揚げ手羽元

鶏の手羽元が安かったので、ここぞとばかりに揚げてみた。

手羽元揚げ
昨晩からしょうゆやら調味酒やらを合わせたものに漬けて下味をつけ、竜田揚げに近いカンジにするため片栗粉で揚げる。
ニンニクやコショウの香りと共に、揚げてる最中からかぐわしい下味の醤油が漂うのが堪らん。
やはりできたてを貪るのがウマい。
今度安い時があったら、煮付けにでもしてみようか。

return top