カテゴリー ‘ 神戸

ポートタワー登頂

登頂という表現でいいものか迷ったが、ともあれ以前外観だけ撮影してきた神戸ポートタワーに、たまたま機会ができたので登ってみた。

CIMG1944

展望室の高さはざっと100mちょっと。
料金は大人1人で600円。

CIMG1953 

おおむね想像通りの展望室。

CIMG1965 

展望室に置いてあって、ちょっと欲しいかもと思ってしまった神戸ピンズ。

CIMG1966

ここから東、三宮方向を見たところ。

CIMG1962

やや北向きにみるとちょうどいい按配で夕日が沈もうとしていたので。

CIMG1964

今回はそんな時間までとどまることはなかったが、夜になれば神戸の夜景が見えることだろう。
日が暮れてからもこの近辺にカップルの多い理由の一端が少しわかったような気がする。
そういう方向には無縁なので、大概は彼らを傍目に素通りする程度なのだが、以前独り身の先輩と彼女持ちの先輩に付き合わされて、日も暮れてからこのあたりで愚痴を聞かされたのは今となっては笑える話。

オマケ
これはおそらく次元大介とみていいのだろうか。

CIMG1954

この建造物は貴重な国民的財産です

神戸の栄町と呼ばれる区画のあたりには古い商用ビルが登録有形文化財として今も活用されている。


大きな地図で見る

そのうちの1件にふらりと立ち寄ってみた。

CIMG1943

入るとすぐに階段。

 CIMG1940

CIMG1938 

この両脇にそれぞれ3つずつほどの部屋があり、いずれも商用目的で利用されていて弁護士事務所が入っていたりポストカードや絵本を取り扱っている店があったり、あるいは衣類を扱う店が入っていたりと様々。
有体にいえばノスタルジックな空気のする建物。

CIMG1939 

入ってくる時には気づかなかったけれど、入口の隣にはプレートが貼ってあった。

CIMG1942 

友人らと一緒に入ったのだが、「神戸大の社会学部棟本館みたいやろ?」って言われて、なるほど確かに近い近いと納得してしまった。
たしかあの大学のあの建物もこういう文化財になっていたはず。

さらにバージョンアップ?

日に日に進化してるようなきがする。

CIMG1975

山側だから

新神戸駅のやや北側(山側)にあるロープウェイ乗り場。

CIMG1810

CIMG1808

実際にはこの写真の上の階のほうにロープウェイ乗り場がある。

CIMG1807

山のすぐ麓にあたるところなので、こういう警告も張ってある。

CIMG1809

ここには書かれていないが、場所によっては警告文の中に「餌付けするな」という旨の文章も入っていたりする。

タイムカプセルらしい。

神戸ポートタワーのすぐそばの公園にはタイムカプセルが存在するっぽい。

CIMG1614

あと9年後に開封されるようだ。
20年前のことなんて、開けるときにどのくらい覚えているものなのだろうか。

神戸ポートタワー

ちょっと時間があって港の方をぶらぶらしてきた。
その際に撮影。

CIMG1616

CIMG1636

神戸を象徴する建築物の1つで、よく神戸の観光パンフレットなどにも掲載されている。
日が落ちると電飾によって朱が映える。
上層の展望階へは有料で登ることができる。
ちなみに自分は登ったことはない。


大きな地図で見る

春祭り

いわゆるだんじり祭りが神戸のあちこちで行われたようで。
じぶんが住んでいるあたりも例外ではなく、窓を開けているとお囃子が聞こえてきたのでちょっと見てきた。

CIMG1877

CIMG1901

昼ちょっと過ぎたくらいだったが、すでに通りには出店も出ていた。
また、今回確認できた神輿は3つ。

CIMG1881

CIMG1892

CIMG1893

CIMG1899

福岡にいた頃には博多どんたくを見に行ったりしたこともあるものだが、やはり祭りは老若男女関係なく参加者が楽しそうにしているのを見るのがいい。

レンタルビデオ屋

神戸に来て良く見かけるレンタルビデオ屋。

CIMG1718

ちなみに、九州北部では「ビデオ・アメリカ」というレンタルビデオ屋のチェーンがあるのだが、果たして偶然なのか意図的なのか、興味の湧くところである。

諏訪山

夕方にちょっと空いた時間ができたので、神戸を一望できるという場所に行ってきた。


大きな地図で見る

ちょっとだけ山道を登ったところにあるのだが、なかなか絶景。
とりあえず、このレストランが展望台の目印。

CIMG1716

写真向かって左側に階段があり、それを登ると神戸市外を一望できる。
登りきったところには葉桜がちらほらしていた。

CIMG1695

歩道橋みたいなものがあって、そこからパノラマを拝むのがベストかと。

CIMG1697

CIMG1696

まぁこういうのもお約束と言えばお約束。

CIMG1698

ぐるーっと見渡してみる。

CIMG1699

CIMG1700

CIMG1701

CIMG1702

静止画では解りにくいが、結構な視界範囲がある。
画質は大変悪いが、どのくらい見渡せるかはこちらの動画を閲覧するとわかりやすいかもしれない。

また近辺にはこういうオブジェ(?)が存在する。

CIMG1709

何がぶら下がっているのかと思ったら、無数の南京錠だった。

CIMG1710 

そばにあった解説にはこのようなことが書かれていた。
何かが金属板に写っているが、そこは(・ε・)キニシナイ!!

CIMG1708

いくら神戸製鉄があるとはいえ「これは事後処理的にもどうよ」という気がしないでもないが、ちらほらアベック(死語)が多かったのも納得がいった。

実は桜の名所と言うこともあって、割と観光地としては名所っぽいのだが、やはり心無い人間も少なくないようで。

CIMG1711

街中アート

神戸の港沿いをウロウロしていたら見つけた建物。

CIMG1664

一発で目を引く。
何の建物なのかは解らないが、そこらの落書きではないことは一目瞭然。

CIMG1665

CIMG1666

ついでに、神戸の街中には土地柄なのか、割と洋風建築物が目立つ気がする。

CIMG1604

CIMG1659

どちらも何の建物なのかは未だ不明。

return top