カテゴリー ‘ 未分類

Prime Japan

Amazonのプライム会員になって、プライムビデオを予想以上に利用しているのは先日述べた通り。

なかでも最近気に入っている番組が、『PrimeJapan』というAmazonのオリジナル番組。

内容以上に映像美に引き込まれる

この作品、概要としては日本の食や文化といったものを取り上げたドキュメンタリー作品で、毎月15日に1話ずつ配信される60分映像になっている。

全編4K撮影が行われているらしく、映像美にかなりこだわった作品になっていることは少し視聴すれば一目瞭然。オープニングもスタイリッシュで印象に残りやすい。

この文章を書いている段階で、すでに3話が配信されており、順に羅列すると

  1. 寿司
  2. 日本旅館
  3. ラーメン

といった展開で進んでいる。1~2話はともかく、3話目にしてラーメンは意外だが、最近では寿司と並んで日本を代表する現地料理らしいので、そういう並びになったのだろう。各話、視聴していると寿司が食べたくなったり日本旅館に泊まりたくなったりする。

誇張や脚色が全くないといえば嘘になるだろうが、限りなく最小限だと思われる範囲だし、下手な地上波のドキュメンタリーよりもずっと面白くて日本人でも興味深い内容だと思う。

今後は海外での配信も予定されているということなので、日本文化のプロモーションとしては頼もしい作品だと感じた。

美しくもおろかしい

各話のエンディングに「美しくもおろかしい」というフレーズが登場する。当初はこの一文が日本文化に対するものだと思っていたのだが、調べててみるとこのフレーズは岡倉天心氏の『茶の本』(邦題)という著書の中に記されている、日本の茶道の思想を言い表した一説のようだ。

類似作品として

この作品に好感を持てる人なら、おそらく『千年の一滴-だし しょうゆ-』というドキュメンタリー映画も気に入ってもらえると思うので強くお勧めする。

当該作品は日仏合作の映画ということもあって、映像的にもやはり美しい。自分が『PrimeJapan』を視聴し始めた当初、この映画の延長や派生ではなかろうかと思ったくらい、日本文化に対しての静かで美しいドキュメンタリーになっている。(※現状、Amazonビデオでは当該作品は配信されていないと思います)

プライム会員に加入してみて

Amazonの送料が改訂されるのに伴って、プライム会員に加入してみた。

一番のメリットとしてはお急ぎ便や時間指定配達が追加費用なしで使えることだと認識していたし、実際にお急ぎ便はAmazonに在庫がある限り、発注から48時間以内には大体届く。このサービスは思っていたより便利だった。

Amazpnプライムビデオが予想外に時間泥棒

しかし予想外のメリットとして、Amazonの映像配信サービスのうち、会員特典として無料で見られるプライムビデオが意外に素敵。

日本・海外問わず過去のテレビドラマや映画が公開されているのみならず、Amazonジャパンが独自企画した番組などもある。

他の大手動画配信サービスと比べて、作品数は決して多いとはいえないという話も聞いていたし、入会した当時もさほど期待していなかったが、「内村さまぁ~ず」や「深夜食堂」、「孤独のグルメ」、「勇者ヨシヒコ」など、比較的ニッチで面白い番組がいつでも無料で見られるとあって、今ではヘビーに使わせて頂いている。

タブレットを車載ナビシステム替わりに使っているので、このAmazonビデオに加えてAbemaTVなどもタブレットにインストールしていると、長距離ドライブや渋滞もあまり苦にならなくなった。

ビデオは端末へのダウンロードも可能(※注意点有り)

また最近のAmazonビデオ用Androidアプリのアップデートに伴い、Amazonビデオ作品がSDカードにもダウンロードしておけるようになったことも好印象。

従来はダウンロード自体は可能だったが、Kindle端末以外は内部ストレージにしか配信ビデオをダウンロードすることができなかったため、16GB程度しかないミドルクラス~ローエンドの端末では容量の都合上、どうしてもストリーミング再生が中心となるのがネックだった。

その点、Wi-Fi環境下で見たい番組をあらかじめダウンロードして溜めておけば、ストリーミング再生よりも画質よく、また通信量制限を気にすることなく視聴できる。

ただしこのダウンロード再生も認証の都合上からオフラインでは再生できず、またプライム会員であってもプライムビデオをダウンロードして溜めておける数には制限がある様子。

その他のプライム会員特典

Amazonビデオの他にも、同じように音楽配信サービスもプライム会員は一部無料で視聴できるが、再生するためには原則的にAmazonミュージックアプリでしか再生できないため、端末に保存している曲とザッピングしながら聞くことができない点でマイナスポイント。

あとは写真をRAW形式のままであっても無制限でクラウドバックアップできるAmazonプライムフォトも目玉のひとつらしいが、端末で撮影した画像のバックアップについてはほとんどGoogleフォトで事足りてしまうので、こちらはほとんど利用していない。

365日のシンプルライフ

のんべんだらりと年末年始の休暇を消化してしまうのもアレなので、『365日のシンプルライフ(邦題)』を観てきた。
マッパの男性が積雪のヘルシンキを駆けるという冒頭からなかなかシュールな映像だけど、全編通してビデオ日記的なドキュメンタリーなので、収録時間80分という短さからしても肩肘張らずにだらりと見るのにちょうどいい塩梅かと。

詳しいイントロダクションは公式ページに投げるとして、おおまかにこのドキュメンタリーの実験内容を記述すると以下のとおり。

  1. 所有物はすべて倉庫にあずけてスタート
  2. 1日に1つだけモノを倉庫から持ち出せる(翌日以降に繰越可)
  3. 実験期間は1年
  4. 1年間は所有物を買わない

コレ独身の人と所帯持ちの人でも見たあとの感想違うんじゃないかな、と思う。また女性と男性でも多少変わってくる。

「モノはたくさんあるのに、心が満たされないのはなぜ?」というところから事を発したこの実験。劇中でもスッキリとした答えは明示されないけど、人間が現代で文化的に過ごすために必要な物はどれくらいあるのかを知ることはできる。

ただし日常生活を営みながら行う実験なので、仕事にも行くしデートにも行く。そこで最低限差し支えないように行動するために必要な物は何か。代用できるものはないのか。
実験中の1年の間に壊れてしまうものも出てくる。買ったほうが早いし安いが…?

そういう場面を見ていると、こうして容易にモノは増えるのだとわかる。できれば年末の大掃除の前に観ておきたかったなぁ、コレ。

LTB-HPC30

BluetoohレシーバとしてSonyのMW600も愛用しているが、イヤホンケーブル自体が邪魔になるケースもたびたびあったところ、LTB-HB30がヤマダ電機のワゴンで安売りされていたので、試しに購入してみた。

結論から述べてしまうと、望んだほど良い製品ではなかった。

音質的な面で言えばapt-xコーデックに対応しているので価格帯の割には聴ける音だと思うのだけれど、Bluetoothそのものの受信感度が良くない。おそらくは左耳側にアンテナがあると思われるのだが、うっかりするとパンツのポケットに入っているスマホの音楽がちょくちょく音切れするレベル。

もともとBluetoothの電波強度があまり良くないと評判のPSVita(PCH-2000)と組み合わせて使うとなると、Vitaの本体を手で掴んだ状態から30cmの距離であっても断続的に通信が途切れてしまう。

特価品だったのでそもそも過度な期待はしていなかったが、もうちょっと使いドコロがあるはずと思っていただけにやや残念。

au wallet使ってみた感想

「支払いもスムーズだし持ち歩く硬貨が減ってだいぶ財布が軽くなった」という友人の感想に感化されて、au wallet発行を申請したのが6月の末。
1ヶ月弱ほど待ってau walletが届き、あちこちで使ってみた。

まず、確かに小銭に触れる機会が減った。支払いのたびにサインをする手間が代わりにやって来るが、硬貨を出したり釣り銭を受け取るのに比べれば大したことはない。
何よりMastercardとして使える一方でプリペイド式であるために、ツケを残すという精神的負担が無い部分で安心感が大きい。
それとあまり触れられていない部分だが、Webマネーカードとしても使うことができるため、オンラインゲーマーならなおさら利便性の高いカードということになる。

ただし、このカードへのチャージ方法には改善の余地があると思っている。

現在au walletへのチャージは以下の方法で行うことができる。

    • auショップ
    • じぶん銀行
    • クレジットカード
    • auかんたん決済
    • au walletポイント

au walletを、後日請求されることなどがない本質的な「プリペイド」として使うためには、上記手段の中ではauショップに行くかじぶん銀行の口座からチャージするのが最も現実的な方法ということになる。
もっと欲深いことを言うなら、ショップでチャージするためには営業時間内に赴かねばならないし、多くの場合は入店してから窓口でチャージを依頼するまでに待ち時間があるのもデメリットだ。

すると残るはじぶん銀行からのチャージだけということになるが、これまでじぶん銀行に口座を持っていない人が、わざわざau walletのためだけに口座を開設するというのも、あまりスマートとは言えない。今後対応するネットバンクが増えれば有り難いのだが…。
さらにじぶん銀行の口座を持っていたとしても、au walletへのチャージは任意の額では行うことができない。以下のように最低一口5,000円からのチャージというのも、状況によっては不便と言える。

au wallet charge

 

なお、au walletが届いてからしばらくして知ったことだが、ほぼ同等の機能を備えた代替カードとしてWebマネーカードが存在している。

こちらのほうもMasterCardとして使えてプリペイド式、そして名前の通りWebマネーとして利用が可能で、チャージ方法もauかんたん決済とポイント振替を除けばほぼ一緒。
だがネットバンクからのチャージがじぶん銀行のみならず、三井住友とジャパンネットバンクにも対応している点で、若干こちらのほうが利便性が高い。

 

outlook.comから警告が来た話

outlook.com(旧hotmail)から、SMSで「何者かが不正アクセスした可能性がある」という旨のメッセージを受け取った。
すぐに本人確認の手順を踏んでパスワードをリセット・変更してアカウントを復旧させた。
基本的に大したデータや情報がアカウントに含まれているわけではないが、これがGoogleアカウントだったらと思うと肝が冷える。

 

アカウントを復旧してからすぐにアカウントアクティビティを確認してみたところ、自分の端末以外にアメリカとオランダからの定期的なアクセスが行われていた。
と、ここで思いついたのが、このアクセスはもしかするとメインで使っているGmailにインポート・転送させているものではないかということ。
基本的にメールクライアントソフトはほとんど使わなくて済むように、スマホでもPCでもGmailで一元管理するために外部メールの多くをインポートして集約させていた。
このGmailサーバのOutlook.comへの定期的な受信アクションが、第三者からの不正アクセスとして見なされた可能性がある。
一時的にこのアクションを停止してしばらく様子を見るつもり。

 

しかしこういう警告が不意に来ると、使っている端末にマルウェア等が感染していないか疑心暗鬼になってしまう。
こういう時になってワンタイムパスワードや二段階認証、アカウント復旧用の連絡先の指定など、セキュリティ対策が突然気になるものだけど、本来は習慣的にこれらを意識してリスク回避しておくべき。

アメジストとイーグルアイ

馴染みの整備工場に天然石を取り扱う知人が出入りしておりまして、ダベりこむ間に「石も持ち主を選ぶ」という談義が出てきたため、それならストーンブレスを一つも持っていないこともあって丁度いい機会だし、試しに一つ作ってもらおうとお願いした。
彼が言うには、ブレスレットなど作る際に持ち主に合わない・効力がない時には、糸を結わえる作業の途中で糸が切れてしまうのだとか。何度やっても。
ひどい人になるとほとんどの石が合わないということもあるらしい。

今回作ってもらったのはカットの入ったファントムアメジストを主体に、先見の目を備えるというイーグルアイを取り入れ、石同士の相性を取り持つために水晶を挟んでもらった。
P1010328.JPG

石の組み合わせは単純に効果の足し算というわけではなく複雑に変化するため、場合によっては効果が自分ではなく家族に現れるとかいうこともあるらしい。
ひとまず新しい石は1週間ほど身に付けて自分と波長を合わせ、長時間外す時には広げた水晶のさざれ石の上に置いて邪気が入り込まないように、とのアドバイスを受けた。
ただのアクセだと思っていたが、想像以上に石というものは奥が深いらしい。

VG248QE

ASUS製のVG248QEを購入して、三菱のRDT233WLM-Dとデュアルモニタにしてみた。
いわゆるゲーミングモニターに属する製品で、そのため最大の特徴は垂直リフレッシュレート144hz駆動によるなめらかな映像描写にある。

「垂直リフレッシュレートってなんぞ?」ってことを軽く一口でまとめるなら、一秒間に何枚のパラパラ漫画を表示させられるかという指数のこと。詳しくはWikipediaなどで。
一般的な液晶モニタがおよそ60hz(1秒間に60枚の漫画をパラパラと表示する)だから、今回の製品は最大でその倍以上のなめらかな動きを見ることができる。

実際に3Dを描画させてみて感じたのは、残像感が明らかに少ない。
素早いカメラワークやモーションなどで特にそれを感じることができる。
一方で標準設定のままでは輝度が高すぎると個人的に感じたためブライトネスを最小まで落としたが、モニタ機能にいくつかのプロファイル設定が個別に存在するので、普段使いとゲーミング用などで設定をそれぞれ使い分けることができる。

ただしこのモニタをセットアップするうえで、最大の特徴である144hz駆動をさせるためには注意点がいくつかある。
まず一つ目に、付属のモニタドライバをインストールする必要があること。
一般的なモニタではドライバインストールという手順はあまり踏まないので最初これでつまづいて、リフレッシュレート設定の最大値が60hzしか選択できないので戸惑った。
二つ目に、標準で同梱されてはいるがデュアルリンクDVI接続でなければならないこと。シングルリンクDVIでは144hz駆動させることができない。
三つ目に、1920×1080の解像度でしかサポートしていないこと。これより解像度が大きくても小さくても144hz描写ができない。これについては製品ページのマニュアルにも書いてある。

これでフルHDのデュアルモニタという環境を構築できた。
さすがに24インチと23インチのデュアルだと目の動きだけでは両端まで把握することは難しいが、一瞥できる情報量が多くてとても快適。
P1010340.JPG

ピポット機能も備えているので、その都度設定さえしてやれば縦画面で表示させることができる。
ソースコード扱ったり、長文をタイプしたり、縦長のサイトを閲覧するのに便利。
P1010336.JPG

Nexus7(2013)のタッチ不具合について

以前、購入後1か月ほど使ってみたNexus7の使用感についてまとめていた中で、書き損ねた、というよりはその後に気付いたのだが、スタンドを使って机などで操作する時、タッチパネルの反応が著しく悪い。
検索して調べてみたら、おそらく絶縁された状態で生じる現象のようだ。

こちらでそれがはっきりわかったのは、タブレットスタンドに載せて操作しようとした時。
ただし、すべての絶縁状態で発生するというわけでもなさそう。
車載用のタブレットスタンドに挟み込んだ時には比較的しっかりとタッチパネルのレスポンスが返ってくるし、机に固定したタブレットスタンドアームを使った時でも操作に不自由を感じたことはない。
傾き具合などにも影響を受けるのかもしれないけど、ソフトウェアアップデートで改善される類の問題じゃない気がしている。

処理速度その他の面で不自由を感じていないだけに、この根本的な部分での不具合は大きなキズに見えてならない。

博多駅前西日本シティ銀行

 日本史の教科書にも載っている通り、北部九州沿岸にはかつてアジアからの侵略を阻止する目的で、太宰府を指揮拠点とした「防人」と呼ばれる自衛兵徴兵制度があった。
 今そのような脅威を感じる時代ではないが、「北」から弾道弾が飛来するなどの騒ぎが無いわけではない。
 そうした時代背景に基づく風土と、昨今の世界情勢、また自衛手段としての意味を持ち合わせてか、空港や港にも程近い、改築工事の進む博多駅向かいの西日本シティ銀行には、非常時に長距離砲撃を行うための大きな砲身が備わっている。

DSCN0464

DSCN0465

 という設定だったら面白いなぁと。
 実際はただの通風口だと思うけれど。

 例年どおり4/1のネタということで一つ。

return top